薄毛

【AGA治療】保険適用外?専門病院での費用や手法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男性に多い薄毛症状である「AGA」。この症状を改善するには、しかるべき医療機関でAGAの専門治療を受ける必要があります。
そこで今回は、専門医でのAGAの治療種類と費用の相場、一般病院と専門病院の違いついてご紹介します。

AGAとは

AGA(エージーエー)とは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症のことです。 思春期以降の成人男性に多くみられ、頭頂部から薄毛が進行していくタイプ、髪の毛の生え際から進行するタイプ、または双方から進行するタイプがあります。
AGAの主な原因として、遺伝のほか、男性ホルモンのバランスの悪化や生活環境の乱れ、ストレスなどが影響しているといわれています。

AGA治療の種類と費用

お医者さんが手のひらを前に突き出し立っている
AGAの治療方法は、内服薬・外服薬などの薬療法のほか、HARG療法、植毛などがあります。 AGA治療は、いずれの治療法であっても医療保険適用外です。 そのため、一般的な皮膚科などの治療と比べると医療費の負担は重くなるでしょう。
以下では、それぞれの治療法の概要と特徴、大体の治療費などをお伝えします。

フィナステリド配合薬(内服薬)

フィナステリドを主成分とする内服薬としては「プロペシア」が一般的となっています。 プロペシアは、AGAによる抜け毛や薄毛の進行を遅らせたり止めたりする効果が高い治療薬として、日本皮膚科学会からも強く推奨されているものとなります。
フィナステリド配合薬(プロペシア1カ月分・28錠):4,000~9,000円

デュタステリド配合薬(内服薬)

デュタステリドを主成分とする内服薬として、日本では2016年6月より発売になった「ザガーロ」。
効能やアプローチはプロペシアと同じですが、比較的新しい治療薬であるザガーロは、プロペシアよりもその効果が高いといわれています。
・デュタステリド配合薬(ザガーロ1カ月分・30錠):8,000~12,000円

ミノキシジル配合薬(外用薬)

AGAの外用薬として代表的なものは、ミノキシジルを主成分とする「リアップ」が挙げられます。
ミノキシジルは血行促進効果のほか、髪の毛の生成や成長に携わる細胞を活性化させ、毛髪の再生を促す効果があるといわれています。
ミノキシジル配合薬(リアップ1カ月分・60ml):5,000~8,000円

HARG療法

HARG(ハーグ)療法とは、幹細胞から抽出したタンパク質を直接頭皮に注入し、発毛機能を蘇らせるという再生医療の1つです。
AGAの薄毛に対して「発毛」と「育毛」の2方向からアプローチし、AGA治療薬だけでは治療が難しい薄毛の改善にも効果があるといわれています。
一般的には6回を1クールとして治療が行われます。医療機関によって価格の差はありますが、平均的に1回の施術費用は10~20万円前後が相場となっています。そのため、1クールで約60~120万円かかることになります。
内服薬のみの治療費と比べるとコストは高めではありますが、内服薬治療は数年単位で飲み続ける必要があるのに対し、HARG療法は一般的には6カ月ほどの期間で効果を実感できるといわれているため、長い目でみるとHARG療法の方がコストを抑えられるケースがあります。

植毛

植毛はポリエステルなどの合成繊維素材で作られた人工毛を移植する「人工毛植毛」と、主に後頭部から自分の毛を移植する「自毛植毛」の2種類あります。
人工毛植毛は、拒絶反応など副作用のリスクが高いとされており、AGAの治療法として推奨されていないため、一般的に“植毛”というと自毛植毛となります。
植毛を行う範囲によって幅はありますが、自毛植毛の費用の相場は、約50~200万円となっています。植毛後も年に数回メンテナンスを行う必要があるため、治療費のほかにも維持費がかかる場合もあります。

一般病院と専門病院の違い

色んな種類の薬
AGA治療はAGA専門病院だけでなく、一般病院でも受診することが可能です。 専門病院と一般病院の大きな違いは、その治療目的にあります。 専門病院はAGA の根本的な部分改善を目指すのに対し、一般病院は症状の進行を遅らせることが目的となります。
また、専門病院ではAGAの進行状況に合った治療法の選択が可能ですが、一般病院では基本的に投薬治療しか受けることできません。
AGAを本格的に改善したいという方は、AGA専門病院の受診をおすすめします。

おわりに

今回は、AGA専門医での治療種類と費用の相場、一般病院と専門病院の違いついてご紹介しました。
AGAの治療法はさまざまありますが、一般病院だと症状の進行を遅らせるのみの治療となるほか、専門医が在籍していない場合も多いため、しっかりとAGA治療したい方は専門病院を受診することをおすすめします。
また、AGA治療は保険適用外のため、治療費は全額自己負担となります。そのため、どの程度の費用が必要になるのか必ず事前に確認しましょう。