薄毛

頭皮マッサージの正しいやり方をご紹介!育毛に効果はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭皮マッサージ
頭皮マッサージは、育毛に効果があるといわれています。ただし、育毛効果を正しく引き出すには、やみくもにマッサージするのではなく正しいやり方を知ることが大切。
ここでは、頭皮マッサージはなぜ育毛効果があるのかご説明した後、頭皮マッサージの正しいやり方をご紹介します。

頭皮マッサージの育毛効果は?

頭皮マッサージの育毛効果は?
以下が、頭皮マッサージをすることで得られる育毛効果だとされています。

血行促進により栄養不足を回避

髪を生成する毛母細胞に十分な栄養が届けられると、髪は育ちやすくなります。つまり、育毛のためには、毛母細胞にどれだけ栄養素が吸収されるかが重要なのです。
血液は毛母細胞に栄養素を運ぶ役割を持っているため、頭皮をマッサージして血行を促進すれば毛母細胞に栄養が行きわたり、育毛の手助けになると考えられます。

頭皮を柔らかくして育毛環境を改善

頭皮が硬いと抜け毛を引き起こすなど、髪全体に悪影響をおよぼします。頭皮が硬化する主な原因は、血行不良です。マッサージで血の流れを良くすると、硬くなった頭皮が柔らかくなり、育毛環境の改善につながります。

毛穴から皮脂や老廃物を除去

頭皮の毛穴に皮脂や老廃物がたまると、髪をつくる毛母細胞の働きは鈍り、髪の発育を妨げてしまいます。頭皮マッサージで血行を良くすれば毛穴が開き、汚れを排出する機能が向上。結果的に、毛穴の詰まりが解消され毛母細胞は活力を取り戻し、健全な頭皮環境を整えてくれるのです。

頭皮マッサージの正しいやり方

正しいやり方 頭皮マッサージの基本的なやり方は「揉む」「押す」「叩く」の3種類です。手順や時間、タイミングなどを正しく覚えておけば、育毛にも生かせるでしょう。

手軽にできる代表的なマッサージ方法

自分ですぐに実践できる頭皮マッサージの1つが、円を描くように指や手のひらを動かすマッサージです。指の腹で頭皮を押さえつけるように、あるいは手のひらで押しながら頭全体を揉みほぐしましょう。
頭皮を叩く方法では、指先や軽く握ったこぶしでマッサージします。指先を使う場合は頭の両サイドから頭頂部にかけて、こぶしの場合は耳の上あたりから後頭部の中央に向かって軽く叩いてください。

マッサージの選び方と時間・回数

頭皮マッサージを選ぶときのポイントは、気持ち良く感じるかどうかです。自分に合った頭皮マッサージを正しいやり方で続ければ、育毛効果も高まると期待できます。1つの方法だけに限定せず、数種類を組み合わせても問題ありません。
マッサージ時間の目安は、1回あたり約5分です。この時間配分で、1日に2~3回のペースを毎日欠かさず続けてみてください。また準備運動として、首から肩にかけてマッサージしておけば効果が増すといわれています。

逆効果になる頭皮のマッサージは?

頭皮マッサージは、やり方を間違えると逆効果にもなります。注意点として主に挙げられるのは、「爪を立てない」「力を入れすぎない」「長い時間をかけない」の3点です。

爪は頭皮を傷つける

頭皮マッサージで爪を立てると、頭皮や毛穴を傷つけるため注意しましょう。毛穴がダメージを受ければ育毛を阻害しますし、傷口から細菌類が入る恐れもあります。菌が増殖すれば、炎症を起こしトラブルが拡大するかもしれません。
マッサージするときは、爪を立てずにやさしく行うことがポイントです。

強すぎる負荷は頭皮へのダメージに

マッサージで力を入れすぎれば、頭皮への負担は大きくなります。あまり刺激が強いと毛細血管が傷み、髪に栄養を届ける働きも鈍る上、頭皮の皮膚が炎症を起こす可能性も。
あまり力を入れすぎず、気持ち良いと感じるくらいのレベルでマッサージしましょう。

長いマッサージは頭皮以外にも負担

長く頭皮マッサージしても、その分だけ効果が上がるわけではありません。逆に頭皮の負担が重くなり、使っている指も疲れます。また、ずっと腕を持ち上げていると肩も痛くなってくるでしょう。
頭皮マッサージは1回数分で終わらせ、長時間やることよりも日々の習慣として毎日継続することの方が大切です。

おわりに

頭皮マッサージは血行促進の効果があり、髪の毛の成長を力強く後押しします。簡単な方法を覚えておけば、毎日でも気楽に続けられるでしょう。思いきり力を込めなくても効果が期待できるので、入浴後などのリラックスできる時間を利用して、やさしく頭皮を揉みほぐしてください。