薄毛

前髪や生え際に白髪が生える原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前髪や生え際に白髪が生える原因
前髪や生え際の白髪は目につきやすく、気になる方も多いでしょう。では、なぜ前髪や生え際はたくさん白髪が生えてくるのでしょうか?その理由が明確に分かれば、適切なケアを行うことができます。
そこで今回は、前髪や生え際に白髪が生える原因を探るとともに、少しでも目立たなくするための対処法をいくつかご紹介します。

生え際や前髪だけ白髪があるように見えているだけかも

白髪は、基本的に生える場所を選びません。前髪や生え際ばかり白髪があると感じていても、実際には他の部分にも生えていることがほとんどです。

前頭部と側頭部は白髪の生える時期が早い

白髪は、頭の部位によって生え始める時期に違いがあるといわれています。早くから白髪が生える場所として比較的多いのが、前頭部および側頭部です。後頭部の場合、白髪が生えたとしても伸びる時期は遅くなります。

前髪と生え際の白髪は目立ちやすい

前髪や生え際の白髪は、意識しなくても鏡を見ながら髪を整えていれば自然と気付くものです。それに対し後頭部は、パっと見ただけではどれくらい白髪があるか確認しにくいでしょう。

生え際・前髪だけ白髪になる原因は?

生え際と前髪だけ白髪になる主な原因は、ホルモン異常・肛門の不調・眼精疲労・白髪を抜くこと・メイクやシャンプーの問題です。

ホルモン異常、便秘や痔など肛門の不調や病気

不調や病気 ストレスなどによるホルモン異常や肛門の病気は、前髪から白髪が生える原因として考えられています。おでこの上部にはホルモン系や肛門のツボがあるといわれ、その影響が毛髪に現れる可能性があるためです。

視力の低下や目の使い過ぎによる眼精疲労

側頭部のあたりは、視神経のツボがあるといわれています。こめかみ付近の生え際に白髪が増えている場合は、目の使い過ぎによる眼精疲労が原因かもしれません。

白髪を抜き続けたことでメラノサイトの機能が低下

メラノサイトの機能が低下 前髪や生え際の白髪が目立つからと抜き続けると、白髪の量が増えてしまうことがあります。髪を抜くとメラノサイトが傷んでメラニン色素を十分に生成できなくなるため、白髪が生えやすくなるのです。

肌に合わない化粧品や不十分なメイク落とし

肌に合わない化粧品は肌荒れの元になり、メラノサイトの機能を低下させる原因の1つ。また、メイクを十分に落とし切れていない場合も、毛穴がふさがれメラノサイトの働きが悪化します。

シャンプーのすすぎ不足

シャンプーのすすぎが不十分だと、頭皮や顔の周りにシャンプーの成分が残ってしまい、トラブルにつながります。成分の中にはメラノサイトに悪影響を及ぼすものも含まれるため、洗い残しのないようにしましょう。

前髪や生え際の白髪への対処法

前髪や生え際の白髪を目立たなくする対処法として、部分染め・白髪用トリートメント・ヘアスタイルの工夫が挙げられます。

染める場合は、白髪の箇所だけを部分染め

前髪や生え際の白髪が多いときは、気になる箇所を部分的に染めるだけでも十分な効果が見込めます。髪のカラーリングは頭皮にとって多少なりとも刺激があるため、ダメージを軽くする意味でも部分染めはおすすめです。染める範囲が少ないほど、髪や頭皮を傷めるリスクも低下します。

白髪用トリートメントを使う

白髪用トリートメントは、通常の染料に比べると刺激が強くありません。前髪や生え際は染まりにくい特徴を持っていますが、トリートメントタイプであれば少し使用回数が増えても髪に大きなダメージを与えなくて済みます。

ヘアスタイルを工夫する

無理に髪を染めなくても、ヘアスタイルを工夫すれば白髪が見えにくくなる場合もあります。髪を分けた部分の白髪は特に目立ちやすいので、できるだけ分け目をつくらず前髪を下ろしたスタイルを目指すと良いでしょう。

おわりに

前髪と生え際は、他の部分よりも白髪が早く成長するため目立って見える傾向があります。 白髪の原因には、ホルモンバランスの乱れや自分に合わない化粧品、シャンプーの使用などが考えられます。 日常的な頭皮ケアやストレス対策などと並行しながら、白髪染めをしたりヘアスタイリングを工夫したりすることで、気になる白髪を目立たなくできるため自分に合う方法を試してみてください。