薄毛

白髪改善効果のある食べ物は?髪に良い食べ物や栄養を摂取しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪改善効果のある食べ物
白髪は1本でもあれば目立ってしまうため、なるべく生やしたくないところ。白髪体質は、食事によって改善することも可能です。ここでは、髪の毛と食べ物の密接な関係や白髪の原因や予防できる食べ物についてご説明します。

髪の毛と食べ物の関係性

髪の毛と食べ物の関係性
髪の毛の成長には、筋肉や肌と同じように栄養バランスの取れた食事が必要不可欠です。
特に、血行が悪いと頭皮に栄養が行きにくくなるため、偏った食生活を送っていると髪の成長が妨げられている可能性があります。健康的な黒髪を手に入れるためには、食生活の見直しが非常に重要なのです。

白髪の原因となる食べ物

取りすぎると白髪の原因になりやすい食べ物についてご説明します。

塩分の多い食べ物

塩分の過剰摂取は、血流に悪影響を及ぼします。そのため、塩分の多い食品を食べ続けると髪の毛にも栄養が届きにくくなり、白髪になりやすくなるのです。

糖分の多い食べ物やお酒

糖分の多い食べ物やお酒も、白髪の原因だといわれています。
エネルギーとして使われなかった糖分はその後、脂肪に変換されてしまい、余分な脂肪は血管を詰まらせるためです。
アルコールの場合、例えばビールや日本酒などは糖質が高いため、飲み過ぎると血液がドロドロになり、血行が悪くなりやすいといわれています。

高脂肪の食べ物

高脂質の食べ物も、取りすぎてしまうと体に余分な脂肪をつけてしまい、血管に余分な圧迫感を与えてしまいます。また、中性脂肪濃度が高まれば、血液がドロドロになり、血行不良になりやすくなります。せっかく取った栄養をしっかり頭皮に届けるためにも、高脂肪の食べ物のとりすぎは禁物です。

白髪予防に効果が期待できる食品

白髪予防が期待できる食品について、見ていきましょう。

海藻

海藻類は髪の成長を促進する食材の1つ。海藻には多くの水溶性食物繊維が含まれているため、血液をサラサラにしやすいといわれているのです。カロリーも低く、肥満予防にもなるので、さまざまな面から血管の健康を維持しやすいといえるでしょう。
さらに、海藻に多く含まれるヨウ素は細胞の新陳代謝を活発化させ、カリウムなどのミネラルは体内の余分な塩分を排出してくれます。

乳製品

乳製品は髪の成長に必要なタンパク質をはじめとして、ビタミン・ミネラル・脂質・炭水化物と5大栄養素のすべてが含まれる食品です。栄養が偏りがちな方にはうってつけの食材のひとつといえそうです。 ちなみに、髪を黒くするのに必要なメラニン色素は「チロシン」という栄養素が原料。このチロシンが多く含まれているのがチーズです。ただ、白髪予防効果のあるチーズは、塩分がやや多めです。成分表などをチェックして、適量を食べるようにしましょう。

豆類

男性よりも女性の方が毛量も寿命も多くて長い傾向にあります。これは「エストロゲン」という女性ホルモンの影響です。実際に多くのエストロゲンが低下する産後に「白髪が増えた」という経験をする女性は少なくありません。つまり、女性ホルモンを増やせれば白髪を予防しやすくなるのです。
とはいえ、簡単にホルモンバランスを変えることはできません。そこで期待したいのが、エストロゲンと似たような働きをする「イソフラボン」です。イソフラボンは大豆などの豆類に多く含まれる栄養素で、黒髪の維持が期待できるのはもちろん、コラーゲンなどの生成も促進されやすいことから、頭皮環境の正常化を助けてくれます。
また、大豆はイソフラボン以外にもチロシンも多く含む食品。豆腐や納豆など大豆製品は毎日の食事でも取りやすいのでぜひ試してみてください。

おわりに

栄養の偏りは病気のきっかけになるだけでなく、白髪の原因にもなります。 塩分や糖分、脂肪分の多い食事は控え、今回ご紹介したような髪の成長を助ける食べ物を積極的に取るようにしましょう。 白髪になりやすい体質を改善するために、ぜひ毎日の栄養バランスを見直してみてください。