育毛

センブリエキスに副作用はあるの?育毛・発毛効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨今、高い育毛効果があるとして注目されているセンブリエキス。センブリエキスは植物由来のため、人体に優しく副作用のリスクもほとんどありません。そこで今回は、センブリエキスが持つ育毛・発毛効果や、使用上の注意点をご紹介します。

センブリエキスとは

センブリエキスの写真
センブリエキスとは、リンドウ科の2年草であるセンブリの有効成分から抽出されたエキスです。花・葉・茎・根すべての部位に有効成分が含まれており、「1,000回成分を絞り出してもまだ苦味が残る」といわれるほど、苦味の強い植物です。その苦味は、高い薬効が期待できるとして昔から重宝されていました。近年では、その高い育毛効果に注目が集まり、育毛剤や発毛剤、育毛シャンプーなど、多くの製品に配合される成分です。
主なセンブリエキスの有効成分は、下記の通りです。
・血行促進や抗炎症作用のあるスウェルチアマリン
・毛乳頭細胞分裂作用のあるアマロゲンチン、アマロスウェリン
・抗炎症、抗酸化作用のあるキサントン

センブリエキスの育毛・発毛効果

血行を促進し、栄養素を供給

毛周期の図面 スウェルチアマリンには、毛細血管の血流を促す作用があります。
毛細血管の血流が良くなると、髪の毛の発育に大きな役割を持つ毛母細胞や毛乳頭に栄養素が届くようになり、ヘアサイクルの正常化につながります。

毛乳頭細胞の活性化による発毛効果

毛乳頭は毛根の奥にある器官ですが、毛細血管から送られた栄養素を取り込み、髪のもとになる毛母細胞に届けています。
アマロゲンチンやアマロスウェリンは、毛乳頭の細胞分裂を促す成分です。毛乳頭の働きや細胞分裂が活発になることで、栄養素が髪の毛に行きわたりやすくなり、発毛促進に期待できます。

頭皮の炎症を抑える

センブリエキスに抗炎症作用があるのは、スウェルチアマリンやキサントンのおかげです。抗炎症・抗酸化作用を持つこれらの成分が頭皮に届くことで、炎症・酸化が抑えられ、若くて健康的な頭皮環境の維持につながります。
頭皮や肌などが紫外線にさらされると、体内で活性酵素がたまり、正常な細胞を傷付けてしまいます。細胞の酸化によって起こるのが、老化現象です。加齢による老化も、髪の毛が抜ける要因として考えられています。反対に、活性酵素を抑える成分を取り入れることができれば、髪の毛の成長のバックアップにつながるのです。

外用薬と内服薬の違い

センブリエキスを含む育毛剤は、外用薬・内服薬どちらのアプローチでも、薄毛・抜け毛の改善に期待できます。
頭皮に直接塗る外用薬には、炎症抑制・血行促進作用に加え、毛母細胞を活性化させて発毛につなげる効果があります。内服薬は、胃腸の調子を整えると同時に血行促進に有効です。
このような身体機能の強化も、頭皮環境のコンディションに良い影響をもたらすでしょう。

センブリエキスで副作用は?

センブリエキスの使用で副作用が起きた、という報告は現在のところほとんどありません。センブリはもともと自然界に存在する植物のため、有害性はないと考えられています。ただし、以下の点を念頭に置きながら使いましょう。

効果が出るまでに時間がかかる

センブリエキス含有の育毛剤を使っても、効果が現れるまで半年から1年程度かかるとされています。効き目に関しては個人差があるため一概にはいえませんが、しばらく様子を見ながら使用することになるでしょう。また、センブリエキスだけに頼らずに、さまざまな頭皮ケアを試みることも大切です。

育毛過程でかゆみを発症

毛細血管の働きが改善されて頭皮の血行が良くなることで、かゆみが出る可能性があります。ただし、これは育毛の過程で副次的に起こる症状ですので、大きな心配は無用です。

おわりに

豊富な有効成分を持つことから、育毛剤にも使用されるセンブリエキス。副作用の心配はほとんどないものの、効果が現れるまでに時間がかかるとされています。
センブリエキスは植物性であり、健康にも良いとされるエキスです。頭皮ケアの一環として、積極的に有効活用してはいかがでしょうか。