抜け毛・薄毛の対策

抜け毛・薄毛に効果のあるツボってある?育毛効果が期待できるツボ8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定-1
体にはいくつものツボがあり、その中には冷え症や便秘、肩こり解消、さらには発毛効果に期待の持てるツボもあります。ツボ押しで育毛につながれば、お財布にもやさしくうれしいですよね。

そこで今回は、薄毛予防に効果的な8つのツボを、効果をより引き出すポイントと合わせてご紹介します。

頭皮にあるツボ

頭つぼ 頭皮にある育毛を促すツボの中でも、代表的なものをご紹介します。

1.百会(ひゃくえ)

発毛に良いとされるツボはいくつかありますが、その中でもっとも有効とされるのが「百会」です。左右の耳を頭頂部に向かって結び合わせた中央点に位置する百会は、押すと血液の流れを改善する効果があるといわれています。

中指の腹で刺激して気持ちが良かったら、頭皮の状態は良好であるサインです。頭皮環境のチェックのためにもまずは百会を指圧してみてください。

2.天柱(てんちゅう)

襟足の生え際にあり、百会に次いで重視されているツボが「天柱」です。うなじのくぼんだ部分の横にある、太い2本の筋肉の外側にあります。

押し方は、手のひらで頭を包んでから親指でやさしく押してください。頭痛や肩こり、ストレス、抜け毛予防に効果があるといわれています。

3.通天(つうてん)

百会から指2本分斜め前の左右に位置するツボが「通天」です。頭皮の血行を促進し、栄養がスムーズに行き届くようにしてくれるツボだといわれています。

4.角孫(かくそん)

耳を内側に折り曲げ、先端が髪の生え際にあたったところにあるツボが「角孫」です。血行促進効果や抜け毛予防の他、頭痛、耳や目の病気にも効果が期待できます。

5.玉枕(ぎょくちん)

後頭部の真ん中にあるやや盛り上がった場所に指を2本あてたときに、外側に位置する2カ所のツボが「玉枕」です。玉枕を押すと血行が良くなり、頭頂部の薄毛防止、鼻づまりの解消に利くといわれています。

頭皮以外にあるツボ

身体つぼ 頭皮以外にも、発毛や薄毛予防に効果的なツボがあります。

6.陽輔(ようほ)

外くるぶしから指5本分上のところにあるツボです。ここを刺激すると、側頭部の薄毛防止・発毛に効果があるといわれています。

7.中府(ちゅうふ)

鎖骨の外側の端から指2本分下がった場所にあるツボです。五十肩・四十肩によく利くツボとされますが、円形脱毛症の予防にも効果があるといわれています。

8.湧泉(ゆうせん)

足の指を曲げるとくぼみができあがる部分にある、足裏のツボです。刺激をすることで、髪の毛の成長を促す効果があるといわれています。

ツボ押しの際のポイントは?

頭をマッサージする男性 頭皮に良いとされるツボも、正しい押し方を守らなければその効果も薄れてしまいます。ツボ押しの際には、以下のポイントをぜひ参考にしてください。

毎日行う

ツボ押しは、やったりやらなかったりではその効果も半減するため、できるだけ1日1回は行うようにしてください。ツボ押しをはじめてもすぐに効果は現れず、気持ちが乗らないかもしれませんが、継続してやることが大事です。ぜひ毎日実行しましょう。

頭皮マッサージと併用して行う

頭皮マッサージも同時に行えば、ツボ押しの効果をより引き出すことができます。方法は、両手で頭部を包み込むようにして、指の腹でやさしくもみほぐすだけです。

このとき、爪があたらないよう注意してください。頭皮は敏感なため、軽く爪が触れただけでも傷がついてしまいます。

強く押しすぎない

刺激が強くなければツボを押しても意味がないと思われがちですが、頭皮にあるツボを強く押しすぎてしまうと毛根を痛めてしまう可能性があります。毛根が傷ついてしまうと、発毛や育毛促進に悪影響がでてしまう恐れがあるため、適度な力で指圧しましょう。

おわりに

冷え症や血行促進に効果のあるツボ押しは、頭皮にも良い影響を及ぼします。発毛・薄毛防止に期待できるツボを、毎日指圧して頭皮環境の改善に努めましょう。頭皮マッサージと併用すれば、さらに効果を引き出せますよ。