薄毛

【40代の白髪】原因と対策は?カラーはあり?バシッと決まる髪型もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40代の白髪
多くの方は、ある年齢を過ぎると急に白髪が増えてきます。壮年で白髪になると基本的に黒髪に戻ることはなく、白髪の原因も若年層とは異なります。いつ頃から、どんな原因で白髪が増えるのか、何か対策できないのかなど白髪に対してさまざまな疑問を持っている方も多いでしょう。
そこで今回は、一般的に白髪が増える年代とその原因、白髪を避けるための対策、また白髪を目立たせない髪型もご紹介します。

一般的に白髪が増えるのは何歳頃から?

通常、白髪が急に増え始める年齢は40代半ばです。幼い頃から白髪が生えていても、基本的には、若い年代までは年齢とともに白髪の数が増えることはありません。小学生のとき多少の白髪がみられたからといって、20代や30代で白髪だらけという事態にはならないわけです。

白髪の原因

40代半ばで白髪が急増する主な原因は、「メラノサイト」の消失や機能低下です。メラノサイトとは髪の根元や表皮の基底層にある色素生成細胞であり、黒や黒褐色のメラニン色素を生み出します。40代半ばになるとメラノサイトの数が減るか働きが不活発になるため、髪の多くはメラニン色素を失い、白いまま生えてくると考えられています。

メラノサイトは取り戻せない

若い頃にストレスが原因で白髪が増えたとしても、それが軽くなると黒髪に戻るケースは少なくありません。それに対し、完全に消失したメラノサイトを取り戻すことは今のところ難しいといわれています。そのため現時点では、40代半ばで増えた白髪が再び黒くなる可能性は低いと考えて良いでしょう。

効果的な白髪対策は?

効果的な白髪対策は? 白くなった髪を黒色に戻す方法はまだ見つかっていませんが、40代になっても白髪を増やさないための効果的な対策はいくつか知られています。

頭皮マッサージ

メラノサイトの働きが弱っている場合、頭皮マッサージは有効な対策の1つです。メラノサイトが正常に機能するためには、頭皮から受け取る栄養が欠かせません。 栄養を毛根組織まで届ける役割を担っているのは、頭皮を流れている血液。つまり、頭皮マッサージをして血行が良好になると、栄養も十分に行きわたり、メラノサイトも活性化しやすくなるのです。

体を冷やさないことも大切

体が冷えると血流は悪くなり、髪の栄養も不足して白髪が増えます。血行不良の予防策として、特に冷え性のある女性は十分な対策が大切です。できるだけ暖かい衣類を選び、冷たい飲み物の摂取は控えた方が良いでしょう。

運動する習慣をつける

普段の生活習慣も、40代の白髪増加と無縁ではありません。不規則な生活リズムが続いてホルモンバランスが崩れると、白髪の原因になるといわれています。毎日、適度に体を動かすだけでも白髪の防止につながるため、運動を習慣化してみましょう。

カラーはありなの?

すでに生えてしまった40代の白髪には、白髪染めで黒くするという選択肢があります。白髪染めは少なからず頭皮にダメージを与えますが、適度に使用すれば頭皮への負担もあまり大きくなりません。
ただし、ヘアカラーでは白髪を黒くする効果は見込めないため、カラーをするときは白髪染めを選びましょう。

白髪でもバシッと決まる髪型は?

白髪でもバシッと決まる髪型 たとえ40代になって白髪が増えても、髪型はおしゃれに決めたいところです。髪を上手にセットすれば、白髪も目立たず気になりません。

分け目の白髪

髪が伸びてきたとき、分け目の白髪が気になるという声は多く聞かれます。そんな悩みを解決してくれる効果的なヘアアレンジは、「分け目をつけない」あるいは「分け目をギザギザにする」の2種類です。全体の分け目を一直線にしないだけで、かなり白髪は目立たなくなります。

生え際の白髪

こめかみ部分など、生え際の白髪に悩んでいる方も少なくないでしょう。この場合、ポイントはサイドの髪です。耳に引っかけるスタイルでなく、かろうじて耳を覆うくらいの長さにカットすれば生え際の白髪を上手く隠せます。

パーマもおすすめ

白髪を目立たなくする工夫としては、パーマもおすすめです。パーマをかければ、あまり手を加えなくても髪がうまく絡み合って白髪が目につきません。また全体をふんわりと仕上げれば、髪のボリューム感も出せます。

おわりに

一般的に40代は白髪が増えてくる年齢であり、黒髪への回復は難しいといわれています。そこで有効となる対策は、生活スタイルの見直しによる予防策です。日頃から体のケアを心がけると、白髪の発生を抑えられるでしょう。ただし、白髪が多いからといっておしゃれを断念する必要もありません。カットする長さやヘアアレンジを工夫すればうまく白髪を隠せます。さまざまな方法を試しながら髪のスタイリングを楽しんでください。