育毛

オーガニックシャンプーとはどんなもの?その育毛効果や保存方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪に優しいイメージのあるオーガニックシャンプーですが、そもそもオーガニックとはどのようなものを指し、どのように使用すればいいのか分からない、という方も多いでしょう。

そこで今回は、オーガニックシャンプーの特徴や育毛への効果、保存方法などについてお伝えします。

オーガニックシャンプーとは

「オーガニックシャンプー」とは、オーガニックな植物成分を原料として作られたシャンプーのことです。なんとなく「オーガニックは体にいい」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。オーガニックを日本語に訳すと「有機栽培」すなわち、農薬や化学肥料に頼らず、太陽や水、土など自然の恵みと有機肥料で農作物・植物を栽培するという意味です。

食品の場合は、農林水産省により有機JASマークがつけられるため、消費者がオーガニック食品を選ぶ際の目安になります。しかし、シャンプーなどの化粧品は農林水産省ではなく厚生労働省の管轄となるため、有機JASマークをつけることはできません。このため、現在のところ食品以外の「オーガニック」の統一基準がないのが実情です。オーガニックシャンプーを使いたい方は、成分表示をきちんとチェックして判断することが重要です。

オーガニックシャンプーの特徴と注意点

オーガニックシャンプーは、有機栽培された植物成分が原料となっています。自然由来の成分を使用しているため、お肌への刺激が少ないのが特徴です。特に、「ラウロイルメチルアラニンNa」「ココイルグルタミン酸Na」といったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるため、しばしばオーガニックシャンプーに使用されます。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高いため、その分シャンプーが高価になりがちです。

また、オーガニック植物を使っていたとしても、成分を抽出するために溶剤が使われている製品や、洗浄力が強い成分を含んでいる製品もあるため、やはり購入の際は「オーガニック」という言葉だけで判断せずに、きちんと内容を確認することが大事であるといえます。

オーガニックシャンプーと育毛の関係

髪をシャンプーする手 洗浄力の強過ぎるシャンプーは、頭皮の皮脂を余計に落としたり刺激を与えたりするため、薄毛・抜け毛の要因の1つとなります。シャンプーを肌への刺激が少ないオーガニックシャンプーに変えることで、頭皮への刺激を少なくして薄毛・抜け毛を減らせる可能性があります。

また、肌に合わないシャンプーを使い続けることは、頭皮環境の悪化を促し、乾燥によるフケやかゆみを引き起こす可能性があります。頭皮が乾燥しがちな方や育毛のために頭皮環境を健やかに保ちたい方は、なるべく刺激の少ないオーガニックシャンプーを選ぶのも1つの手段です。自分の頭皮に合ったシャンプーを探してみましょう。

オーガニックシャンプーの保存方法

棚にあるヘアケアや歯ブラシ オーガニックシャンプーは余計な成分を配合せずにお肌へのダメージが少ない分、通常のシャンプーよりも丁寧に扱う必要があります。保存料を使用していないシャンプーにとって、お風呂の密閉性や温度・湿度は過酷な環境であるといえるでしょう。

基本的に開封後は、直射日光のあたらない風通しのいい場所で保存すると良いでしょう。中には、冷蔵庫で保存するよう注意書きがあるシャンプーもあるため、商品ごとに使用期限や保存方法の指定がないか必ず確認しておきましょう。

また保存料が入っていないものは特に品質が劣化しやすいため、保存方法などの衛生管理には十分に気をつける必要があります。

おわりに

有機栽培した植物成分を原料としたオーガニックシャンプーは、頭皮に優しい洗浄成分を使用している分、通常のシャンプーよりもコストが高くなることがあります。また、保存料が配合されていないシャンプーの場合は、きちんと衛生管理をするのが重要です。
オーガニックシャンプーは頭皮への刺激が少ないため、育毛のための健やかな頭皮環境を保つ頼もしい味方にもなり得ます。


購入の際には成分表示を確認し、自分の肌に合ったシャンプーを選んでください。