豆知識

トリートメント、リンス、コンディショナーは併用できる?それぞれの違いと役割

トリートメント・リンス・コンディショナー、これらは生き生きとした髪の毛を維持するのに欠かせないアイテムですが、それぞれの意味の違いを明確に理解している方は少ないかもしれません。

今回は、それぞれの役割を説明するとともに、これら3つを併用することの是非について考えてみます。

トリートメント、リンス、コンディショナーの役割

キューティクルの構造 トリートメント、リンス、コンディショナーの役割について解説する前に、髪の構造についてご紹介します。髪は表面から、キューティクル、コルテックス、メデュラの3層構造になっており、このうち髪の大部分をコルテックスが占めています。

トリートメント

髪にダメージを受けると、髪の内部にあるコルテックスの主成分であるケラチンが不足し、髪が傷んだり、ツヤがなくなったりします。そこで、髪のケラチンを補ってくれるのがトリートメント。

トリートメントには髪を修復するだけではなく、乾燥を防ぐ保湿成分も配合されているため、使用すれば手触りよくサラサラ感が生まれやすくなります。髪のごわつき解消にも効果的です。

リンス

シャンプーをするときしみやパサつきが残りますが、リンスにはシャンプー後の手触りの悪さを改善する効果があります。トリートメントが髪の内部からケアするのに対し、リンスは外側からのキューティクルケアとして重要な働きを持っています。

コンディショナー

コンディショナーは、リンスと同義語と捉えてもらって構いません。リンスとのはっきりとした違いはなく、メーカーによって名称が異なります。リンスと同じく、髪のごわつきや乾燥を解消し、外側からのケアに大切な役割を果たすアイテムです。

どうやって使い分ける?

それぞれの役割を見ていくと、これら髪をケアする商品は大きく2つに分類されることが分かります。
つまり、トリートメント=ダメージの修復、コンディショナー・リンス=ツヤ、張り、コシを与えることがそれぞれの役割になります。それぞれの特徴と役割を理解した上で、上手に使い分けることが大切です。

これら3種類に共通していえることは、頭皮にはつけないということです。地肌までつけてしまうと、成分が毛穴に入り込んでフケやニキビの原因になります。どれも髪の毛になじませるように使ってください。

3種類を併用して使いたいときは、シャンプー→トリートメント→コンディショナー・リンスの順番で使うと良いでしょう。先にリンスを使ってしまうと、表面のコーディングでトリートメントが十分に浸透できなくなってしまいます。しかし、メーカーによっては逆のパターンをおすすめしている場合もあるため、商品に添付された説明書をよく読み、それに従って使うようにしましょう。

自分に合った製品の選び方

黒髪の毛先を見ている女性

トリートメント

トリートメントは、髪の毛の痛み具合や症状に合わせて選ぶことがポイントです。潤い重視であれば、ヒアルロン酸Naやグリセリンの入った保湿系のトリートメント、髪に張りとコシを与えたいのであれば、加水分解ケラチン、メドウフォームラクトンの入った強化系トリートメントをおすすめします。

リンス

傷んだ髪の毛のケアに役立つものが、ポリペプチド入りのオイルリンスやクリームリンスです。ポリペプチドはタンパク質とよく似た性質を持っていて、髪の毛との相性が良いため、髪によく吸着し、軟らかくて手触りのある髪の毛を取り戻してくれるでしょう。皮膚にやさしく安全な原料でもあるため、リンス選びに悩んだらポリペプチド配合のタイプをおすすめします。

コンディショナー

コンディショナーには、アミノ酸系とオイル系の2タイプがあります。アミノ酸系コンディショナーは、脂っぽい体質の方に有効で、べたつきを抑え、程よい潤いをキープできます。オイル系コンディショナーは、高い保湿効果があり、髪がパサつきやすい方におすすめです。それぞれの体質や髪の悩みに合わせて選ぶと良いでしょう。

おわりに

トリートメントとリンス、コンディショナーは併用が可能ですが、同時使用の際は順番を間違えないようにしましょう。頭皮にトラブルを招かないためにも、それぞれの役割を理解した上で、正しく活用してください。