抜け毛・薄毛の対策

知っているようで知らない?育毛剤と発毛剤の違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定-1
薄毛に悩む男女にとって、強力な味方となってくれる育毛剤と発毛剤。この両者の違いをはっきりと理解している方は少ないかもしれません。それぞれの特徴を知ることで、どちらを使えば良いかも見えてきます。

今回は、育毛剤と発毛剤の違いについてご紹介します。ここでご紹介する情報を参考に、最適な育毛剤および発毛剤を見つけてください。

育毛剤とは

輝く毛先 育毛剤とは、薄毛・抜け毛予防に使われるアイテムです。今ある髪の毛の成長を促進して太くする効果があります。

育毛剤は医薬部外品に相当

育毛剤は、今ある髪の毛の成長を促進させることを目的としたものです。頭皮の血行を良くし、髪の毛に十分な栄養素が届けることで髪の毛が太くなり、抜け毛の減少につながります。

育毛剤は一般的に医薬部外品ですが、有効成分が多く含まれているため、育毛サプリや健康食品よりも高い効果が期待できるでしょう。
育毛剤に使用される主な成分は以下の通りです。

・センブリエキス
・オウゴンエキス
・ノコギリヤシ
・エビネエキス

いずれも血行促進作用があり、太く丈夫な髪の毛を育てる上で欠かせない成分です。

育毛剤の注意点

育毛剤は、今ある髪の毛を元気にして、その成長を促す目的の製品です。そのため、毛母細胞が深く傷ついて髪の毛そのものが生えてこない状態で使っても効果がない点に注意が必要です。

発毛剤とは

発毛剤をつける頭 発毛剤とは、毛母細胞に直接働きかけ、髪の毛の再生を促す目的で開発されたアイテムです。育毛剤より強力な効果がある反面、副作用に注意が必要です。

発毛剤は医薬品に分類される

健康な頭皮であれば問題なく髪の毛は生えてきますが、何らかの原因で毛母細胞が機能不全を起こせば、成長期を迎えないまま髪の毛は休止状態に陥ります。

発毛剤には、死んだ毛母細胞を再生し発毛を促す効果があり、それを可能とするのはミノキシジルなどの人工生成物質です。発毛剤は、厚生労働省の認可を受けた医薬品に分類されます。
発毛剤に含まれる主な有効成分は次の通りです。

・ミノキシジル
・塩化カルプロニウム
・ピディオキシジル
・フィナステリド

AGAに影響を及ぼすジヒドロテストステロンの生成を抑制する他、血管を拡張して血流を促進し、発毛を促します。

発毛剤の注意点

医薬品に相当するため、強い効果が期待できますが、副作用のリスクも高いため使用する際は医師に相談し適切なアドバイスをもらってください。具体的には、血圧低下や眠気、頭痛などの副作用が、ミノキシジル発毛剤の使用で報告されています。

育毛剤と発毛剤。どちらを選ぶ?

育毛剤と発毛剤はそもそもの開発目的が異なることから、有効性や用途の違いを理解して、それぞれのケースに合うものをチョイスしましょう。

育毛剤がおすすめのケース

「薄毛とまではいかないけれど、以前よりも髪の毛がたくさん抜けるようになったのが気になる」という場合は育毛剤がおすすめです。

抜け毛の原因は、主に頭皮環境の悪化に伴う血行不良といわれています。育毛剤の使用で血流が促進されれば、髪の毛へ栄養が回りやすくなり、細かった毛髪が太くなる可能性もあります。即効性は期待できませんが、継続的に使用することで徐々に頭皮環境も改善へと向かうでしょう。

発毛剤がおすすめのケース

薄毛になりかけている、または生え際がだいぶ後退してAGAの症状が起きている場合は、発毛剤の使用を試みましょう。ミノキシジルを含むリアップなどは、高い発毛効果が期待されることで広く知られている製品です。

ただし、副作用のリスクは避けられないため、自分と相性の合うものを選ぶ必要があります。使用する際は、AGA専門医に相談することがおすすめです。

おわりに

今回は、育毛剤と発毛剤の違いについてご紹介しました。 薄毛や抜け毛対策に有効な育毛剤・発毛剤でも、体質や症状に合わないものを選ぶと逆効果になるおそれもあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解し、自分に合った最適な製品を選ぶようにしてください。

何を選べば良いか分からないときは、迷わず専門家に相談するようにしましょう。