薄毛

白髪を改善する方法|白髪を減らす食べ物はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白髪を改善する方法
白髪は、シャンプーや頭皮マッサージで改善する方法がよく知られていますが、普段から食べ物に気をつけることでも白髪を減らすことはできます。白髪予防の効果が期待できる食材を意識して摂取すれば、白髪の増加を防げる可能性は十分にあるのです。
そこで今回は、白髪が生える原因と減らす方法および食べ物についてご紹介します。

白髪が生える原因

白髪が生える原因
白髪が生える主な原因として、加齢・栄養の偏り・生活習慣の乱れ・ストレスが挙げられます。

加齢による白髪

加齢による白髪は、誰にでも訪れる老化現象の1つ。年齢とともに細胞の活力が弱まると、髪も白くなります。個人差はあるものの、30代半ばから目立つようになり50代中頃には頭髪の半分ほどを占めるケースが一般的です。

栄養の偏りが招く白髪

ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどは、メラノサイトが髪に色を与えるために欠かせない栄養素です。栄養バランスが崩れるとメラノサイトに十分な栄養が届かず、機能低下により白髪が生えます。

生活習慣の乱れが白髪を誘発

生活習慣の乱れも、髪の成長を妨げる一因。睡眠不足で血流が悪化すると毛母細胞が栄養不足になるため、成長ホルモンが正常に分泌されずメラノサイトの働きは弱まります。 結果、髪を染めるメラニン色素は減り、髪が白いまま伸びてしまうのです。

ストレスも白髪に影響

ストレスも白髪と無縁ではありません。ストレスを多く受けると自律神経やホルモンバランスが乱れ、メラノサイト本来の機能を失わせ、白髪の発生を招いてしまいます。

白髪を減らす方法

白髪を減らす方法 白髪を減らすには、白髪予防シャンプー、ヘッドスパ、カラートリートメントなどが有効です。加齢が原因でない場合は、方法次第で白髪の改善も見込めます。

白髪予防シャンプーの効果

シャンプーは、頭皮環境や毛髪の健全化に効果を発揮します。最近では、メラノサイトを活性化させる成分が配合された白髪ケア専用シャンプーも開発されています。専用シャンプー以外には、炭酸効果により頭皮の汚れをきれいに落とせるタイプなどもあります。

ヘッドスパの効果

ヘッドスパは、頭皮の毛穴洗浄に加えて血行促進や栄養分の補充に効果的です。頭皮をマッサージすると血行が良くなり、メラノサイトに無駄なく栄養が運ばれやすくなります。そして、結果的にメラニン色素がたくさん生成され、白髪の改善につながるのです。

カラートリートメントで染髪

今のところ、加齢による白髪を黒髪に戻す方法は見つかっていません。そんな中でカラートリートメントは、外見上とはいえ白髪を減らす手段の1つです。髪への負担に考慮して、ダメージの少ない染料タイプを選ぶと良いでしょう。

白髪を減らす食べ物

白髪を改善する方法には、食生活を見直すことが有効的です。白髪を減らす食べ物としては、以下のようなものが知られています。

メラノサイトを活性化する海藻類

ミネラルを豊富に含む海藻類は、メラノサイトの活性化に効果を見込める食材です。ワカメや昆布などを食べることで、メラノサイトが活発になり多くのメラニン色素がつくられます。海藻類は、髪を黒くする原動力ともいえる頼もしい存在です。

チロシンを補う乳製品

チロシンはメラニン色素の元となる物質で、チーズや牛乳に含まれる複合タンパク質の一種「カゼイン」から発見されました。乳製品に多く含まれると考えられているため、乳製品からの摂取が望ましいといわれています。

チロシナーゼを活性化させるナッツ類

チロシンをメラニン色素に変化させるチロシナーゼも、白髪予防を助ける重要な酵素です。チロシナーゼは銅イオンが供給されると活発に働くため、銅を豊富に含んだナッツ類はチロシナーゼの活性化におすすめの食材です。

おわりに

白髪の原因はさまざまですが、しっかり予防すれば改善できる可能性があります。専用シャンプーやヘッドスパ、あるいは食事メニューの工夫で、白髪は目立たなくなるかもしれません。白髪を減らすためにも、ぜひ自分に合った頭皮ケアの方法を探ってみてください。

頭皮ニキビを予防する方法

頭皮を生活な状態にキープすれば、ニキビの発生も防げます。以下、頭皮ニキビ予防におすすめの方法をご紹介します。