頭皮ケア

枝毛・切れ毛対策|ヘアカラーのダメージケアに有効な「髪質改善」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘアカラーの繰り返しで枝毛や切れ毛が増えた、と感じる方も多いでしょう。そのような場合は、トリートメントによる「髪質改善」がおすすめです。トリートメントには、髪の健康状態を整えてパサつきやダメージを緩和する効果が期待されています。今回は、ヘアカラーのダメージケアに有効な髪質改善についてご紹介します。

髪質改善とは?

シャンプートリートメントボトル髪質改善は、ヘアケアの方法や生活習慣を見直して、髪の健康状態を整えることです。特にヘアカラーの繰り返しなどで髪がダメージを受け、髪質が大きく変わったときに有効とされています。髪質改善の具体的な方法ですが、自分に合うシャンプーの使用やトリートメントによるダメージケアです。毎日のヘアケアを正しく行い、それを続けることこそが髪質改善への第一歩といえます。

ダメージケアに有効!髪質改善トリートメント

髪質改善を促すための「髪質改善トリートメント」という言葉をご存じでしょうか。ここでは、髪質改善トリートメントの特徴や効果についてご紹介します。

特徴

ヘアカラーなどで傷んだ髪を内部から修復する、とされている髪質改善トリートメント。髪にうるおいを与えるだけではなく、頭皮の血行促進や酸化防止の働きにより、頭皮や髪のコンディションを整えます。健康的な髪や頭皮をキープしたい、枝毛や抜け毛予防に役立てたい、という方におすすめのヘアケア方法です。

効果

髪質改善トリートメントは、カラーリングでダメージを受けた髪の修復だけではなく、アレルギー体質やくせ毛により髪質が悪化した場合においても、効果が期待できます。即効性は低いものの、長期間継続して使用することで髪質の改善・緩和が見込めるでしょう。

成分

髪質改善トリートメントの種類によって違いはあるものの、主に含まれる成分はコラーゲン・ヘマチン・高品質プラセンタ・ミネラル(海洋深層水などに含まれるもの)になります。これら4つの成分は美容に良いといわれているため、髪や頭皮の健康を保つ成分としても効果が期待できるでしょう。

使用方法

髪質改善トリートメントを使用するときは、まず通常通りシャンプーを行います。シャンプーの泡をお湯でしっかり洗い流したあと、髪の水分をタオルで軽く拭き取りましょう。
トリートメントの量は髪の長さにもよりますが、500円玉1枚~2枚分ほどの量が適切です。髪の毛先から中間にかけて、トリートメントをもみ込むようにしてなじませてください。 髪にトリートメントを浸透させたら、ヘアキャップをして5分~10分ほど放置します。最後に、髪についたトリートメントをきれいに洗い流して終了です。

髪質改善トリートメントは枝毛・抜け毛予防にも

女性の美しい髪の毛の後ろ姿髪質改善トリートメントには、ヘマチンやコラーゲンなどの有効成分が豊富に含まれているため、髪のツヤやダメージの回復に役立ちます。さらに、トリートメントで髪の内側から栄養を与え、ダメージケアを行えば髪の老化や枝毛、切れ毛の予防につながるでしょう。枝毛や切れ毛のない髪に近づけば、ハリやコシも生まれ健康的で美しい髪を目指せます。

おわりに

今回は、ヘアカラーのダメージケアに有効な髪質改善についてご紹介しました。 ヘアカラーの繰り返しによって枝毛や抜け毛が増えてきたら、髪質改善トリートメントを試しましょう。髪質改善トリートメントに含まれる有効成分が、髪の内部まで浸透し傷んだ髪を補修してくれます。
また、ダメージケアをして髪を健康的な状態へ導くことで、髪の老化防止や枝毛、抜け毛対策に効果が期待できます。自分の髪質に合うシャンプーやトリートメントでヘアケアを行い、それを長期的に続けることで美しい髪を目指してください。