薄毛

薄毛が気になりはじめる年齢は?若年性脱毛症の予防法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「まだ若いのに薄毛が目立ってきている気がする…」と年齢の割に自分は薄毛が進行している、と悩んでいる方も中にはいるかもしれません。一般的には加齢とともに進行するイメージが強い薄毛ですが、場合によっては10代や20代でも若年性脱毛症になる可能性もあります。
今回は、若年性脱毛症の原因や予防法などについてご紹介します。気になる方は早い段階から予防を行いましょう。

自分が薄毛かどうかチェック

抜け毛が多くなった気がしていても、本当に薄毛が進行しているのかは判断できないという方も多いでしょう。実際、髪の毛は何もしていなくても毎日50本~100本程度は抜け落ちているものです。
現在の抜け毛が薄毛によるものではなく、ただ単に平常時の抜け毛の量であれば気にする必要はありません。だからこそまずは、自分の抜け毛の状態が正常か異常かを判断するために、セルフチェックを行いましょう。
かといって、実際に抜け毛の本数を一本ずつ数えるわけにはいかないので、以下のポイントをチェックしてみてください。
  • 枕に落ちる抜け毛の量が明らかに増えた
  • ブラッシングしたときの抜け毛が多くなった
  • 排水溝が抜け毛で詰まるようになった
これらに当てはまるようでしたら、薄毛が進行している可能性があります。

若年性脱毛症になる原因は?

若年性脱毛が起こる原因はいくつか考えられます。

AGAの発症

最近では薄毛の多くがAGAだといわれており、男性の方で薄毛に悩む方はAGAが発症しているかもしれません。AGAの基本的なメカニズムとしては、男性ホルモンが5αリダクターゼと結合することによって悪性の男性ホルモン・ジヒドロテストステロンに変わり、皮脂の異常分泌は起こるという流れです。皮脂が多くなり毛穴が詰まると、髪の毛に栄養が行き届かなくなるため抜け毛が起こりやすくなります。

他の疾患が原因であることも

AGA以外にも、薄毛の原因は考えられます。

円形脱毛症

円形脱毛症は、コインの形状をした薄毛が突発的に起こる疾患です。円形脱毛症を引き起こす要因としては、大きなストレスや遺伝、自己免疫疾患などが挙げられます。年齢に関係なく起こり得るので、若い方でも円形脱毛症による薄毛に悩む方は少なくありません。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌が原因の脱毛症です。皮脂が必要以上に分泌されることにより毛穴がつまってニキビができたり、皮脂中の脂肪酸が酸化してニオイを発したりなど、さまざまな症状が起こります。かゆみをともなうので頭皮を掻くことで皮膚がダメージを受け、さらにフケが発生するなど悪循環に陥りやすい脱毛症でもあります。
脂漏性脱毛症はカビが大きな原因で、高温多湿の時期になりやすいため梅雨~夏にかけての時期は特に注意が必要です。

びまん性脱毛症(FAGA)

びまん性脱毛症は女性版のAGAです。AGAでは前頭部や頭頂部から一気に後退してくる一方、FAGAでは毛髪が全体的に薄くなり、しかもその進行は緩やかであることが特徴的です。基本的には、加齢による女性ホルモンの減少が原因で起こることが多いとされていますが、ヘアサイクルが休止期に入った時に抜け毛の量が増えることなど、他にもいくつか原因はあり、若い年齢でも発症する可能性はあります。
女性の薄毛の場合は、大半がびまん性脱毛症だといわれていますので、女性の方は疑ってみても良いかもしれません。

けん引性脱毛症

けん引性脱毛症は、長時間髪の毛を引っ張るようなヘアスタイルをすることで起こる脱毛症です。ポニーテールなどで髪の毛を縛っていると、毛根に負担がかかるだけでなく頭皮にもストレスを与えてしまうため、血行不良になりやすくなります。その結果、毛髪の成長に必要な栄養がいきわたらなくなり、薄毛になるのです。 髪が長い女性に起こりやすい脱毛症といえます。

その他薄毛を引き起こす要因

生活習慣の乱れとストレス

特定の脱毛症にかかっていなくても、生活習慣によっては薄毛になりやすくなります。抜け毛が多くなるということは、髪の毛に十分な栄養が届いておらず成長できていない状態のこと。つまり、脱毛症でなくてもそもそも栄養を摂取できていない、届けられないような生活を送っていれば薄毛になる可能性はあるのです。
特に若い方の場合、生活リズムが不規則なことも多く、夜遅くに寝ていたりバランスの偏った食事ばかりとっていたりすると、髪の成長にとっては好ましくない環境をつくることになります。
また、ストレスも薄毛の大敵です。ストレスを受けると交感神経が優位になり、その結果血管の収縮が起こり、やはり栄養が髪の毛に届かなくなります。ストレスがたまることで自己免疫疾患にもつながったりするので、ストレスはさまざまな弊害を起こす原因といえるでしょう。

ヘアケアやヘアカラー

いろいろなヘアスタイルを楽しむために、カラーやパーマを頻繁にしたり、ワックスやスプレーなどを大量に使用したりする方もいるでしょう。もちろんカラーなどをすればオシャレを楽しめますが、その後のケアをきちんとしないと頭皮にはダメージが残るばかりです。
カラーやパーマを行うときにはダメージをできるだけ抑えるようにする、整髪剤を使った日はいつもより入念にシャンプーをするなど、頭皮をいたわってあげましょう。

若年性脱毛症の予防法

若年性脱毛症を予防するには、基本的な生活習慣を正すことから始め、自分の症状に合ったヘアケアなどが大切です。ただし、自分でやみくもに対策するよりも専門的なクリニックに行ってみた方がメリットは大きい場合もあります。

ストレス発散・睡眠不足解消

ストレスを感じる場面はどうしてもあると思いますが、大事なのはそのストレスをため込まないこと。自分なりのストレス発散法を見つけられれば、ストレスを感じてもすぐに解消することができます。運動、ゲーム、趣味など何でも良いので自分が夢中になれて他のことを忘れられるようなものを見つけましょう。
また、睡眠も髪の成長にとって非常に重要です。できれば成長ホルモンが最も多くなる22時~2時の間は睡眠をとれるようにしてください。

規則正しい食生活で栄養を十分に取る

1日3食、野菜や魚、肉などをバランス良くとれるように意識しましょう。脂質や糖質の多い食事ばかりをとっているとビタミンやミネラル、タンパク質などが不足し栄養不足の毛髪は抜け落ちてしまいます。

正しいヘアケアを心掛ける

シャンプーのすすぎ残しがあったり、そもそも頭皮の汚れを落とし切れていなかったりと適切なヘアケアができていないと、頭皮には汚れやダメージをたまってしまいます。正しいヘアケアを心掛けて健康的な頭皮環境をキープしましょう。

育毛剤・育毛シャンプーを使用する

毛量を増やしたい、できるだけ早く髪の毛を成長させたいという方は、育毛剤や育毛シャンプーを使ってみるのも手です。食事や生活習慣の改善と並行して使用すると、より効果が期待できます。

クリニックを受診してみる

自分の症状をもっと詳細に知りたい、最適なアプローチで薄毛対策をしたいという方は専門クリニックを受診することをおすすめします。やはり素人がやみくもに対策するよりも、専門家も意見を聞いて処置してもらう方がより効率的な対策が可能です。

おわりに

若くして薄毛になってしまう若年性脱毛症。AGAや脂漏性脱毛症などの脱毛症が原因の場合もありますし、単に生活習慣の乱れやストレス、間違ったヘアケアなどが原因の可能性もあります。薄毛の条件がそろえば、若い年齢でも薄毛になることはあります。若年性脱毛症の予防法としては、ストレスをためない、栄養不足にならないようにバランスの良い食事をとり、良質な睡眠をとるなど、生活リズムを整えることから始めましょう。
自分の薄毛の症状や原因が何なのか、詳細に知りたい場合はクリニックを受診することをおすすめします。