生え際が薄い…。生え際が後退する原因と薄毛の対策方法について

〈 約 16分59秒 で読めます 〉

「生え際が後退してきているかも……」普段鏡で見ている自分の生え際に違和感を覚えると不安になってしまうことがありませんか?

それは、もしかしたら薄毛が知らず知らずのうちに進行しているのかもしれません。
生え際の後退に誰よりも早く気づけるのは他でもないあなた自身ですから、違和感というアラートを見逃さずに確実に対処しましょう。

そこで今回は、生え際が後退する原因と薄毛対策方法についてご紹介します。

生え際後退には2つパターンがある

薄毛になりやすい代表的な部位といえば「頭頂部(頭のてっぺん)」と「前頭部(額の生え際)」です。
その中でも、生え際の後退の形には、2つの種類があります。
それぞれどのような薄毛タイプなのかを見ていきましょう。

①生え際の中央から後退するU字型のパターン

中央部分の生え際から薄くなる形をU字型といいます。
最初のうちは、おでこが広くなる程度ですが、最終的には頭頂部まで進行していきます。後述するM字型よりも見た目上、薄くなりやすいのが特徴です。
U字型は、中央に毛量がなくなり前髪も生えにくくなるため、ヘアスタイルでカバーをするのは難しい形といえるでしょう。
頭頂部のボリュームの変化などにも目をくばっておくことで早期の発見が可能です。
シャンプーの時や運動後なども気づけるチャンスですので、見逃さないようにしましょう。

②生え際の左右から後退するM字型のパターン

M字型はU字型と違って、生え際の左右の部分から後退していく形です。
おでこの中央よりも両端の後退が早く、初期のころは「そり込み」のような状態になります。
M字型の生え際の後退は男性がほとんどで、女性はほとんど起こらないのが特徴のひとつです。
また、M字型は中央部分に毛量があるため、ヘアスタイルなどで見た目を整えやすいという特徴があります。
ただし、いつの間にか手遅れの薄毛になる可能性もありますのでご注意ください。

生え際の後退度をチェックする際の4つのポイント

多少薄くなっても、ちょっとした見た目の違いには気がつきにくいものです。
特に生え際の後退はある程度、進行してからでないと発見できないことが多いかもしれません。
そんな分かりにくい生え際の薄毛状態を見抜くチェックポイントを4つご紹介します。

①額の広さは指3本分が目安

生え際の後退を簡単に確認できる方法として、指を使った方法があります。
まず前髪をかきあげて額が見えるようにしましょう。
そして、自分の中指・薬指・小指をそろえて、おでこにつけます。その際、小指が眉のラインの辺りにくるようにしてください。
チェックポイントは、「中指と生え際にどの程度のすき間があるか」です。
ほとんどすき間が空いていなければ、生え際の薄毛は気にしなくても良いでしょう。
反対に、すき間が大きく空いている場合は、生え際の後退が進行している可能性があります。
しかし、この方法はあくまでも目安。
もっと確かな方法は、以前の自分を指標とする方法です。
筆者は10代の頃から薄毛に悩んでいたため、その頃の指標と比較することで自分の生え際の後退を観測しています。
今まだ気になり始めた段階の方はすぐに自分の過去の写真などを元に指標を作成するのがおすすめです。
見るからに薄くなっている方は、すぐに対処を始めましょう。

②血行を確認するために頭皮の硬さを調べる

頭皮の硬さは血行が悪い証拠?
頭皮が硬くて、もんでも動きにくいという場合は、血行が悪い可能性があります。
血流が悪いと、生え際を始めとした髪全体に栄養が届きにくくなるため、あまり良い状態とはいえません。
頭皮の硬さをチェックするには、まず指の腹を利用して頭皮をマッサージしてみてください。
前後左右に軽く動かしてみて、頭皮が動きやすかったらひとまず健康な状態と考えられます。
反対に硬さを感じるようであれば、頭皮の血行があまり良くないかもしれません。生え際の薄毛が進行する可能性があります。
頭皮のセルフチェックが難しい場合には、ヘッドスパなどに行って診察してもらうのも一つの参考になります。

③抜け毛の本数も気にしてみよう

どれくらい抜け毛があるのかを確認することも、生え際の後退をチェックするポイントです。
人は誰でも、1日に100本ほど髪が抜けます。もともと毛量の多い人だと200本程度抜けることもあるでしょう。
これは発毛・成長・脱毛というヘアサイクルによるもので、この程度の抜け毛であれば正常だと考えられます。
しかし、それ以上の抜け毛がある場合は注意が必要です。
とはいえ、1本ずつ抜けた毛を数えるのは、不可能なことです。
「ブラシにつく抜け毛が増えてきた」「枕元にある抜け毛が多くなってきた」など、今までと違ったことを感じ始めたら、生え際の後退や薄毛について注意しましょう。
くれぐれも気にしすぎて逆にストレスを溜め込まないようにしてください。

④細くて弱々しい抜け毛は注意?

前述のとおり、誰でも毎日一定量の抜け毛がありますが、抜けた毛髪の状態には個人差があります。
特に薄毛になりやすい人の抜け毛は、細い・コシがない・色が薄い・毛根がないなどの特徴があります。
これは髪が十分に成長しきる前、つまりヘアサイクルとは別の要因で髪が抜けた可能性を意味しています。
このような抜け毛が増えてきている場合は、薄毛の進行や生え際の後退の恐れがあるでしょう。
シャンプーをしている時には細い毛は目につかないので、排水溝などをよく観察することでこの症状に気付くことができるので、気になる方はぜひ試してみてください。

生え際の抜け毛となる要因

次に、生え際の抜け毛となる要因をご紹介します。
生え際の薄さやその形は遺伝的な要素が非常に強いと言われますが、正しく自分の状態を理解しておくことで対策が可能になります。
抜け毛の本数も気にしてみよう

男性特有の生え際後退の理由

男性の生え際後退の理由は、ほとんどがAGA(男性型脱毛症)だといわれています。
AGAとは「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが受容体であるアンドロゲンレセプターと結合することで、髪の成長を邪魔して起こるものです。
成長を阻害されてしまうと、伸びきる前に髪が抜けやすくなります。つまり、ヘアサイクルが乱されてしまうわけです。
新しく発毛しようとした毛髪も、DHTによって邪魔をされて健全な成長ができなくなってしまいます。
本来であれば、発毛・成長・脱毛・休止という流れで、だいたい1000日~2000日かけてヘアサイクルが起きます。
しかしAGAの場合は、発毛してすぐ、早ければ100日程度で脱毛してしまうのです。
ヘアサイクルが最大10分の1にまで短縮されると、発毛よりも脱毛の方がペースアップしてしまいます。
その結果、生え際の後退などの薄毛症状が起きてしまうのです。
今すぐに生え際後退を止めたい場合には、一度お近くの専門クリニックや病院で医師の診断を受けてみるのがおすすめです。

女性の生え際が後退する原因はホルモンバランス

男性特有の生え際後退の理由
女性の場合は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれる脱毛症が原因で生え際が後退していきます。
FAGAは、女性ホルモンと男性ホルモンの割合がアンバランスになることで起きる症状です。
髪の成長を促す女性ホルモンである「エストロゲン」が加齢や出産直後などの理由で減少すると、男性ホルモンが優位になります。
男性ホルモンの分泌量が増えると体質の変化が徐々に起き、薄毛症状などを引き起こす可能性があるのです。
ただし、一般的にFAGAは薄毛の進行が遅い傾向にあります。
また、生え際の後退だけではなく、頭全体が均一に薄毛になるのがFAGAの特徴です。
こちらも心配しすぎて逆にストレスを感じることがあっては進行を助長するだけですので、専門クリニックや医師の指示を受けましょう。

生活習慣が原因になることも

例えば食生活に偏りがあると、髪に必要な栄養が不足してしまいます。
また、脂質や糖質の多い食事は肥満になりやすい傾向にありますし、頭皮に栄養を運ぶ血液の流れが悪くなってしまう可能性があります。
さらにパソコンやスマホを長時間利用することも、頭皮にはあまり好ましくありません。 これは、目を酷使すると頭や首・肩などの血行を悪くする可能性があるためです。
これらは薄毛になってから始めても効果が出づらいので常に意識しておくことが必要です。日々の生活で心がけておくようにしましょう。

生え際の薄毛対策

生え際の後退を改善・予防するために意識したいポイントや対策をご紹介していきます。

食生活の改善

髪の毛も身体の一部ですから、食事による栄養摂取を心掛けるようにしましょう。
今はスーパーやコンビニでお弁当やお惣菜を手軽に購入できる時代です。
もちろん、コンビニ弁当などがすべて悪いわけではありません。
それよりも「食事のバランス」を意識することが大切です。
理想の食事は、主食・主菜・副菜をそろえた食事です。
中でも副菜で野菜・海藻・きのこ類を摂取できるように心掛けると良いでしょう。
もちろん、油分が多いものは薄毛を進行させてしまう可能性があるため、避けてください。
この薄毛対策は即効性のあるものではないため、長い目で見る必要があります。
また、この程度の食事療法で改善がみられることはほとんどないため、すでに薄毛に悩んでいる場合には、食生活だけで改善されることは期待しない方が良いでしょう。

頭皮や首・肩まわりのマッサージ

女性の生え際が後退する原因はホルモンバランス
生え際の後退予防として、マッサージもおすすめ。髪に栄養を送るため、頭皮に血液を送るようにイメージすると効果的です。
例えば、肩からもみ始めて首の付け根を軽く押し、最後に側頭部や生え際から頭頂部に向けて血流を促しましょう。
気持ち良い程度の強さで5分くらいやると、頭もポカポカして気持ち良くなります。リフレッシュもできるため、ストレス解消にもつながるでしょう。

育毛剤で成長促進する

頭皮や首・肩まわりのマッサージ
生え際の薄毛が気になりだしたら、育毛剤の使用もおすすめです。
髪の成長を促し、発毛を助ける成分が含まれています。
育毛剤は医薬部外品のため、手軽にドラッグストアでも購入できますし、価格もリーズナブルなものがそろっています。
また、基本的に大きな副作用などのリスクはなく、安心して使えるのも育毛剤の魅力。
塗布した生え際がスッキリと気持ち良くなるような成分が含まれているものもあり、頭皮をリフレッシュさせたいときにおすすめです。
こちらも一定の効果は見込めそうですが、根本的な改善をしていくのであれば、やはり少し物足りないでしょう。
薄毛が気になっているのであれば、医療機関で適切な判断を仰ぐことをおすすめします。

AGA・FAGA治療を受ける

AGA・FAGA治療を受ける
生え際の後退がすごく気になる、かなり進行してきている、という場合は専門のクリニックを受診してみると良いでしょう。
AGAクリニックの場合、医薬品である「プロペシア(服用薬)」や「ミノキシジル(塗布薬)」の2種類が処方されます。
これらは日本皮膚学会にて「発毛効果が認められる」とされている薬剤です。
ただし、薬なので副作用のリスクも考えられます。
また、毎月病院に通う必要があり、少し手間がかかるかもしれません。 とはいえ、生え際の薄毛に対する効果は医学的に認められているため、最終的には専門医を頼るのも良いのではないでしょうか。

生え際の薄毛を隠す髪型について

生え際が後退し始めると、髪型にも悩みますよね。
下手に前髪を伸ばしておでこにかぶせると、見た目に違和感が出たり、風の強い日にふわっと浮いたりしてしまうのでは、と心配になるかもしれません。
生え際の進行度合いにもよりますが、薄毛の場合は長髪よりもあえて短髪にした方が、目立たない場合があります。 というのも、髪が短くなれば自然と頭皮が透けて見えるようになるためです。
長髪のときにチラチラ見える広いおでことは、違った印象になるでしょう。
また、短髪の方がお手入れもしやすいため、頭皮に汚れがたまりにくくなるメリットもあります。
おすすめの髪型は、ベリーショート、ツーブロック、ソフトモヒカン、くせ毛風のパーマなどです。
これらは薄毛をカバーしつつ、男らしさやオシャレな見た目を演出してくれることでしょう。

おわりに

生え際が後退するのはAGAやFAGAが主な原因です。
その他の原因はあくまで参考程度に捉え、まず後退が気になりだしたら専門のクリニックや医療機関に早めに相談へいくことをおすすめします。
自分だけで悩んでいるよりも、専門家に相談をすると精神的なストレスがなくなり、改善に向かうスピードも早くなるはずです。
そのうえで生え際が薄くなる理由の1つと言われている日頃の食生活や生活習慣などの改善を合わせて行うと良いでしょう。