薄毛

フィナステリドに副作用はあるの?抜け毛・薄毛に与える効果とその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7561-00172-1
抜け毛・薄毛の治療薬に含まれる成分「フィナステリド」。
実は、フィナステリドには、薄毛・抜け毛などの症状を抑える効果が期待できるとともに、性機能障害や肝臓障害などの副作用リスクもあるといわれています。
そこで今回は、フィナステリドの持つ有効性とその理由、副作用についてご紹介します。

フィナステリドの効果とは

フィナステリドは、厚生労働省認可の薄毛治療薬「プロペシア」に含まれる成分であり、医学的に広く、その有効性が認められています。日本皮膚学会発行「男性型脱毛診療ガイドライン」(2010年度)では、推奨度Aに位置づけており、信頼性の高い発毛成分です。

AGA進行を抑制し、発毛を促進する

頭頂部が薄くなっている男性の後ろ姿
まず、男性ホルモン(テストステロン)は、毛乳頭に存在する5αリダクターゼと結合することにより、ジヒドロテストステロン(DHT)になります。AGAは、ジヒドロテストステロンの大量分泌で発症する脱毛症です。つまり、AGAの進行を抑制するためには、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きをブロックすることが必要となります。
フィナステリドには、前頭部あるいは頭頂部の毛乳頭に多く存在する「2型5αリダクターゼ」を抑制する効果があります。2型5αリダクターゼの活動を抑えることで、AGAの中でも比較的多いとされる「M字タイプ」や「O字タイプ」の進行に歯止めをかけることが期待されるのです。
また、5αリダクターゼ抑制によって毛乳頭が正常化することにより、止まっていた髪の毛の成長も期待できるかもしれません。このようなことからフィナステリドは、抜け毛の減少だけではなく発毛効果も考えられます。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは治療薬の成分であるため、副作用に注意する必要があります。 生殖器異常や肝機能障害、胃腸障害、頭痛など多岐にわたりますが、以下では代表的な症状をご紹介します。

生殖機能の低下

まれに、性欲の減退や勃起不全、射精障害などを訴える方がいます。フィナステリドが男性機能の低下にどう関係するのかはっきりとしたことは分かっていません。
しかし、フィナステリドの特徴として、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあることから、男性機能に何らかの影響を与える恐れがあるのではないでしょうか。

肝機能障害

フィナステリドの服用をはじめたら、基本的に毎日の服用となります。薬の成分は肝臓によって分解されるため、その負担は小さくありません。特に肝臓が弱い方は、使用前に医師に相談してください。

身体の女性化

ピンクの錠剤で女性の記号がつくられている
フィナステリドによってジヒドロテストステロンの生成が抑えられ、ホルモンバランスが乱れると、乳房障害が起こることもあります。中には、乳房に張りが生まれて身体の一部で女性化が進むなどの例も報告されているため、異変が見られたらなるべく早く医師に相談しましょう。
副作用の発症率は低い傾向にありますが、フィナステリドを服用していて何か異変がある場合は、すぐに医師に相談してください。
また、フィナステリドを含むAGA治療薬は、女性の服用が禁止されています。特に妊婦や授乳中の女性の場合、男児の生殖機能に影響を及ぼす可能性があります。服用だけではなく、皮膚から成分を吸収してしまう恐れもあるため、触れることにも十分注意しましょう。

フィナステリドはなぜ薄毛に効くのか?

フィナステリドはもともと、前立腺肥大症の治療薬としてアメリカで開発された成分です。前立腺肥大は、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンによってもたらされます。
そこでアンドロゲンの働きを抑える抗アンドロゲンの有効成分として開発されたのが、フィナステリドです。この抗アンドロゲン薬には、抜け毛減少や発毛効果などの副作用が見られたことから、AGA治療としての研究が進み、薄毛治療薬として使用されるようになりました。
アンドロゲンには、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変換する特徴があります。抗アンドロゲン作用を持つフィナステリドを体内に取り入れることで、ジヒドロテストステロンの生成が抑えられるため、AGAの症状改善につながるのです。

おわりに

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑制し、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換するのを防いでくれます。これら不要物質の排除によって、頭皮環境の正常化がもたらされるのです。ただし、治療薬という性質上、副作用リスクがあるのは確かです。副作用に関する情報も把握し、医師からアドバイスを受けた上で、安全な形で服用しましょう。