薄毛

抜け毛が増える季節はいつ?頭皮環境が悪化しやすい夏の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抜け毛が増える季節はいつ?
一年の中で、特定の季節だけ抜け毛が増えるという経験はありませんか。季節によって気候が変わるように、頭皮環境も変化しやすいのです。特に夏は気温が高く、汗をよくかくため頭皮が蒸れやすく汚れが溜まりやすい季節。きちんとケアをしてあげないと、どんどん抜け毛が増えていってしまうかもしれません。
今回は頭皮環境が悪化しやすい夏のケアについてご紹介します。

頭皮環境が悪化しやすい夏の注意点

どうして夏は頭皮環境が悪化しやすいのでしょうか。そこには、夏ならではの原因がいくつかあります。

紫外線

いわずもがな紫外線は、肌にさまざまな悪影響を及ぼすもの。頭皮も例外ではなく、紫外線のダメージを受けると黒い色素であるメラニンを壊したり、タンパク質の生成を妨害したりと髪の老化を招き、頭皮環境が悪化するのです。特に気温が高い夏は、紫外線によるダメージも大きくなるといわれています。
また、実は体の中で最も紫外線を浴びている部分は頭皮です。肌には日焼け止めを塗れば紫外線対策になりますが、頭皮の紫外線対策も行わないと知らない間にダメージが蓄積されてしまいます。

夏は汗をかく

夏はとにかく汗をかきやすい季節です。ずっと屋内にいるということも少ないでしょうし、仕事で外を出歩いたり、レジャーに出かけたりなど汗をかく場面が多くあります。汗がたまると頭皮には細菌が繁殖しやすくなり、放っておくと炎症やかゆみ、フケなどを引き起こし頭皮環境の悪化につながります。さらに、かゆみに我慢できず何回も引っ掻いていると頭皮がダメージを受け、ダメージを受けた場所に汗や皮脂がたまってまた炎症が起こる、という悪循環に陥るケースもあります。

男性は脂性フケ、女性は乾性フケに要注意

男性は脂性フケ、女性は乾性フケに要注意 脂の多い男性の頭皮は脂性フケを、脂の少ない女性は乾燥フケを引き起こしやすいといわれています。
脂性フケは、皮脂を多く含んだフケ同士がくっついて大きな塊になった状態のもので、頭皮や髪にくっつきやすく目立つフケです。反対に乾性フケは、脂や水分の少ない乾燥した頭皮に起こりやすく、パラパラと細かい状態で肩の部分に落ちてくるフケです。
夏は汗をかきやすく脂っぽくなりやすい一方で、屋内に長時間いると冷房の風によって乾燥しやすくなることもあります。このように夏はさまざまな観点から、頭皮がダメージを受けやすい季節だといえるでしょう。

夏の紫外線から頭皮を守る方法

では、ダメージの元となる夏の紫外線から頭皮を守るには、どのすれば良いのでしょうか?

紫外線対策

紫外線対策 まず基本的な対策は、他の肌の部分と同じように頭皮にも紫外線対策をすることです。とはいえ日焼け止めクリームを頭皮に塗るわけにもいかないので、具体的な対策としては
  • 帽子をかぶる
  • 日傘をさす
という2つの方法がおすすめです。
ただし、帽子は一方向にしかつばが付いていないキャップよりも、全方向に大きなつばが広がっている麦わら帽子などが適しています。また、帽子をかぶると蒸れやすくなるので、通気性の良いものを選ぶ、締め付けを調整できるタイプなら緩めにしておくなどの工夫も大切です。

頭皮の蒸れを防ぐ方法

頭皮の蒸れを防ぐ方法 夏はどうしても頭皮がある程度蒸れてしまいます。そのため、蒸れをなくすというよりは蒸れによるダメージや悪影響を防ぐことを意識しましょう。
こまめに汗をふくことも大事ですが、同時にていねいに行いたいのが日々のシャンプーです。石油系の洗浄力が強いものではなく、アミノ酸シャンプーなどの天然成分入りで地肌にやさしいシャンプーで、しっかりと頭皮にたまった汗や汚れを落としてあげることが効果的。
人によって頭皮のタイプも異なるので、天然成分のシャンプーをいろいろ試して自分の肌に合うものを探してみてください。

動物は秋冬に抜け毛が増えるけど、人間は?

犬や猫などの動物は、秋冬になると体毛が抜け落ちやすくなります。実は人間も、秋の抜け毛が多いといわれています。いったいどうしてなのでしょうか。

犬や猫などの動物の毛が、秋に抜ける理由

動物は体毛を入れ替えることで、体を健全な状態に保っています。犬の中には一年を通して体毛が少しずつ抜けていく、いわゆる「シングルコート」と呼ばれる種類もいますが、多くの犬・猫には3月や11月頃に体毛が入れ替わる換毛期があります。
気温が高く汗をかきやすい夏と、気温が低く風も冷たい冬とでは必要な体毛の量が異なります。秋は動物にとってそれまでの古い体毛を落とし、冬に備えて新しい体毛を生やす準備をする時期。そのため、秋になると動物の抜け毛が多くなるというわけです。

秋や冬の抜け毛はいつまで続く?

実は動物だけでなく、人間も秋冬になると抜け毛が多くなる傾向にあります。その理由としては、紫外線や汗、冷房による乾燥など夏に蓄積されたダメージが、秋冬になって具体的な症状として表面化してくるためです。健康な頭皮の場合、平均的な抜け毛は一日100本程度といわれていますが、夏に大きなダメージを受けた頭皮の場合、秋には一日200~300本抜けることもあります。平均の2、3倍の量が抜けてしまうため、目に見えて毛量が減っていく可能性もあるでしょう。
このように、夏に受けたダメージの影響はすぐに表れるのではなく、数カ月遅れて出てきます。だからこそ、夏の内から頭皮環境が悪化しないように対策を打つことが大切なのです。ただし、夏のダメージによる抜け毛は9月~11月頃にピークを迎え、12月頃には落ち着きます。季節の移り変わりとともに自然と収まってくるので、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

手軽にできる頭皮ケア

自宅でも手軽にできる頭皮ケアをご紹介します。

3分程度の頭皮マッサージ

3分程度の頭皮マッサージ シャンプーの際には、頭皮マッサージを同時に行うことをおすすめします。頭皮を指のお腹でやさしくていねいに洗い、毛穴にたまった汗や皮脂を落としましょう。頭皮マッサージを行うことで、血行が良くなり頭皮環境も改善します。
シャンプー時以外でも、就寝前に行うとリラックス効果があるためおすすめです。

正しく頭皮を洗う

正しく頭皮を洗う シャンプーをする際には、シャンプー前のブラッシングと予洗いをていねいに行いましょう。ブラッシングで髪の毛の表面についた汚れは落ち、ぬるま湯による予洗いで毛穴の汚れの大半は取り除けます。その後シャンプーを行うことで、最も効率よく毛穴の汚れが落ち頭皮を清潔に保つことができるのです。
その後のすすぎも時間をかけてやるように意識してください。

美髪のための、3つの心がけ

美髪をキープするための3つのポイントをご紹介します。

運動

適度な運動をすることにより、血行が良くなり髪の毛へ栄養が行きわたりやすくなります。ストレス解消にもなるため、運動習慣のない方は今からでも遅くないため、何か継続できる運動を見つけてみましょう。

必須アミノ酸は、食事で摂る

髪の毛はタンパク質からできています。食事から良質なアミノ酸を摂取することで、タンパク質が合成され健康的な髪の生成にもつながります。

必要であれば、サプリメントをうまく使う

必要な栄養素をすべて食事で賄おうとすると、結構なコストと食事量が必要です。足りない特定の栄養素を補うためであれば、サプリメントを活用しましょう。

おわりに

夏は紫外線や汗による蒸れ、冷房の風による乾燥などさまざまな面で頭皮環境が悪化しやすい季節です。夏に受けたダメージの影響は秋冬になって抜け毛として表れてくるため、秋に起こる抜け毛を防ぐには夏からの頭皮ケアが重要になります。頭皮を紫外線から守る、蒸れによるダメージを防ぐためにシャンプーをていねいにする、頭皮マッサージを行う、健康管理を行うなどできる対策は多くあるので、美髪になるためにも早いうちに対策を始めましょう。