薄毛

キャピキシルの育毛効果は?含まれる成分に副作用はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャピキシルの育毛効果
化粧品というジャンルに分類されながら、一般的な育毛剤より高い育毛効果が見込まれるといわれるキャピキシル。化粧品ではありますが、キャピキシルの副作用があるのか気になるところです。 そこで今回は、キャピキシルに含まれる有効成分とその効果、副作用に関する詳しい情報、さらには使用方法についてご紹介します。

キャピキシルとは?

キャピキシルとは、育毛を目的に、カナダの化粧品メーカー「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した天然由来の成分です。「アカツメクサ花エキス」、「アセチルテトラペプチド-3」この2つの成分から構成されています。

アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花エキス
アカツメクサは多年草の一種で、別名「レッドクローバー」ともいいます。薬用ハーブとして以前から愛用されてきたこの植物には、「ビオカニンA」という成分が豊富に含有されています。ビオカニンAは、イソフラボンの一種で、女性ホルモンと似た作用機序を持つことから、ジヒドロテストステロン(DHT)を作る5αリダクターゼを封じ込める役割を果たすといわれています。
男性型脱毛症であるAGAは、DHTの過剰生成によって発症します。ビオカニンAを豊富に含むアカツメクサ花エキスの働きによって、薄毛・抜け毛の改善効果が期待できるのです。

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3とは、細胞活動を活性化させる成分で、細胞外マトリックスの修復機能を持つことから成長因子とも呼ばれます。主な構成要素はアミノ酸で、その高い細胞修復効果は皮膚科など多くの医療現場で有効に活用されています。
アセチルテトラペプチド-3は細胞修復だけではなく、毛包を固定化させる働きも持ちます。毛包が正常に機能しなければ、髪の毛の成長もままなりません。アセチルテトラペプチド-3含有のキャピキシルを使用することで、毛包の働きが活発となり、髪の毛も太くしっかりと伸びやすくなるといわれています。

キャピキシルの効果

キャピキシルの効果
キャピキシルには、AGAとして影響与えるDHTを生成する5αリダクターゼの抑制効果、発毛を支える毛包の健康効果に期待できます。キャピキシルの使用によって2つの効果に期待することができるのです。
キャピキシルは、そのすぐれた発毛効果について紹介される際、「効果はミノキシジルの3倍」という触れ込みを目にすることが少なくありません。これは、開発元のLUCAS MEYER COSMETICS社の実験によって実証されています。
同条件で、培養された毛母細胞にミノキシジルとアセチルテトラペプチド-3それぞれ添加させて反応を比較した結果、毛母細胞の活性度がミノキシジル52%、アセチルテトラペプチド-3が156%という検証結果になったそうです。 「キャピキシルにはミノキシジルの3倍の発毛効果がある」という触れ込みは、この実験結果に由来しています。

キャピキシルと比較されるミノキシジルについて

ミノキシジルは、アメリカの医薬品メーカーが開発したAGA治療薬です。もともとミノキシジルは、高血圧症治療の目的で開発され、治療現場で使用されてきました。その中で治療患者に多毛化などの副作用が認められたことから発毛の観点で研究が進み、厳しい条件の臨床試験を経てその有効性が確認されたという経緯があります。現在、世界90カ国以上で承認されているAGA治療薬です。
ミノキシジルは、毛包に直接働きかけて毛母細胞を活性化し、頭皮コンディションを整える効果に期待できます。多くの男性の毛包は、加齢とともに衰えやすくなり、ヘアサイクルにも異変をもたらします。髪の毛の成長期が短くなれば、毛包機能も低下し、髪の毛の軟化が進みやすくなってしまうのです。このような状態を解消すべく、毛包へ直接作用するミノキシジルのパワーが生かされます。
ミノキシジルとキャピキシルの顕著な違いといえば、副作用の有無といえるでしょう。化粧品と分類されるキャピキシルには目立った副作用はありません。一方でミノキシジルは医薬品となるため、効果がある反面で、ごくまれではありますが副作用も確認されています。具体的には、頭皮のかゆみ、炎症、湿疹、あるいは脂漏性皮膚炎など皮膚に関する症状です。まれに、眠気や倦怠(けんたい)感、頭痛、むくみなどの症例も起こるといわれています。

副作用について

副作用について
キャピキシルはミノキシジルの3倍の発毛効果があるといわれながら、副作用のリスクは、ほとんどありません。現行制度において、キャピキシルは医薬品でも医薬部外品でもなく、化粧品というジャンルに属します。そのため、副作用にそれほど敏感になる必要はないといえるでしょう。
キャピキシルの副作用に関しては、メーカーの臨床実験でも確認できなかったようです。今のところ、キャピキシル配合の発毛剤を使用して何らかの症状が現れた、とする報告もありません。しかしながら、「副作用は絶対にない」とも言い切れないため、使用にあたっては注意点とルールに従いましょう。

まれに発生する症状

非常にまれであるものの、キャピキシルの使用で起こり得るとされる症状が存在します。

初期脱毛

初期脱毛
キャピキシルの使用では、有効成分「アセチルテトラペプチド-3」が毛包に直接作用し、ヘアサイクルを正常に戻そうと働きます。その際、副作用として初期脱毛が起こる可能性がゼロではありません。
初期脱毛とは、育毛剤もしくは発毛剤を使用したての頃に現れる一般的な脱毛現象です。育毛・発毛を促す有効成分が効きはじめると、休止期状態にある古い髪の毛が抜け出します。これは、新しい髪の毛を育てるためのステップともいうべき段階。この症状は、ミノキシジルやフィナステリドといったAGA治療薬の利用でも比較的よくみられる現象です。
初期脱毛が起こった場合、その症状は1週間から1カ月ほど続くとされ、その後、正常なヘアサイクルに戻って髪の毛が再生します。これは副作用というより、新しい毛髪を生やすためのプロセスといえるでしょう。
とはいえ、すべての方に初期脱毛が起こるとは限りません。たとえ症状が出たとしても、やがて収束するパターンがほとんどですので、大きな心配はいらないでしょう。

アレルギー

もう1つ気を付けたい症状が、アレルギーです。頭皮のかゆみや炎症、かぶれ、湿疹などは、一般的な育毛剤の使用で起こるケースがあります。キャピキシルの成分が体質的に合わないという方、あるいはアトピーをお持ちの方や敏感肌の方は、アレルギー症状に対する注意を怠らないようにしましょう。
症状の程度も、人それぞれです。軽いかゆみ程度で収まる方もいれば、かぶれや湿疹にまで発展する方もいるでしょう。自己判断で使用した結果、症状が出てしまった……!というケースも少なくありません。これらの症状が確認されたら皮膚科などの専門機関を受診するようにしてください。

具体的な使用方法

キャピキシルは、使用するタイミングやその方法、ちょっとした工夫などで効果をより引き出せます。以下、キャピキシルの具体的な使用方法をご紹介します。

夜寝る前に使用すると効果を高めることができる

夜寝る前に使用する
キャピキシルの塗布は、就寝前に行うことをおすすめします。これは、就寝前に行うことで睡眠中に有効成分が頭皮に浸透し、細胞分裂の活性化を促進してくれると考えられるためです。 深夜は、成長ホルモンが活動する時間帯。特に、22時~2時までの間は、成長ホルモンが大量に分泌されるゴールデンタイムです。睡眠をこの時間帯でとるよう習慣づけてください。
毎日決まった時間帯に睡眠をとるには、規則正しい生活を心掛けることが大切です。高い効果が期待できても、不規則な生活習慣では、その効力も半減してしまうかもしれません。キャピキシルの効果をより期待するためにも、良質な睡眠と規則的な生活習慣はセットという認識を持つと良いでしょう。

使用はシャンプーで汚れを落としてから

使用はシャンプーで汚れを落としてから
キャピキシルは、シャンプーで頭皮をきれいに洗ってから塗布します。頭皮には、皮脂や汚れ、ほこりなどが付着しているため、はじめにシャンプーできれいに洗い落とすことが重要です。 頭皮にしっかり浸透されなければせっかくの効果も半減してしまうため、キャピキシル使用前の入浴とシャンプーは絶対必要条件といえるでしょう。
頭皮がデリケートな方やコンディションが悪い方は、肌にやさしいアミノ酸系シャンプーがおすすめ。アミノ酸系シャンプーは洗浄力がありながら皮脂を適度にキープしてくれる特徴を持ち、薄毛で悩む男女にとって最良とも呼べるシャンプーです。キャピキシルとセットで使用すれば、頭皮環境の正常化を大きくバックアップしてくれるでしょう。

頭皮マッサージも実施して効果アップ!

頭皮マッサージも実施して効果アップ
塗布と同時に頭皮マッサージも行うと、キャピキシルの効果を高めてくれます。頭皮には毛細血管が走っており、マッサージで血管を刺激することで、血行も促進。毛母細胞の活性化をサポートします。抜け毛が多くなっている方は、血行不良の状態が続いていることが予想されるため、頭皮マッサージによって頭皮への栄養補給をスムーズにさせる必要があるでしょう。
また頭皮マッサージは、シャンプー時に行ってもおすすめです。頭皮を優しくもみほぐしながら、シャンプーをなじませましょう。それによって成分が十分浸透するようになり、毛穴につまった汚れも落ちやすくなります。

おわりに

今回は、キャピキシルに含まれる有効成分とその効果、副作用に関する詳しい情報と使用方法についてご紹介しました。アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3の2本立てで強力にヘアサイクルの正常化をバックアップするキャピキシル。高い効果が期待できるだけでなく、天然由来の成分がメインのため副作用リスクがほとんどないところが大きなメリットです。とはいえ、100%副作用はないとも言い切れないため、過信することなく正しい使用方法を守って薄毛対策に活用してください。