薄毛

髪を太くする方法は?髪の毛が細い原因についてもご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪を太くする方法
髪のボリュームが少ないと、見た目に老けた印象を与えやすくなってしまいます。髪の毛のボリュームには、髪の太さが関係しているため、ボリューム感を出したいなら髪ができるだけ細くならないように注意することが大切です。今回は髪が細くなってしまう原因と、太くて丈夫な髪を手に入れるポイントをご紹介します。健康的な頭皮のために、ぜひ参考にしてみてください。

髪の太さと量で髪の毛のボリュームが変わる

髪の太さと量で髪の毛のボリュームが変わる
くせ毛・猫っ毛・直毛など髪質には個人差があるように、髪の毛の太さにも個人差があります。ただし、一見すると髪の毛のボリュームが多いように見える方も、実は髪の本数自体が多いわけではなく、髪の毛が太いだけというケースもあるようです。
つまり、髪の毛が太くなれば本数はそのままでも見た目のボリュームをアップできる可能性があるといえます。

髪の毛が細くなる原因

髪の毛が細くなる原因 髪の毛が細くなる原因には、以下のようなものが考えられます。

遺伝

生まれつき髪が細い方は、遺伝的な要因が関係していることが多いようです。遺伝によって受け継がれた髪の太さや髪質は、残念ながら大きく変化が期待できません。

自然現象(加齢)

加齢によって髪が細くなってしまうこともあります。これは髪の成長に大きく関係する毛母細胞の働きが悪くなり、頭皮が老化しているためです。頭皮が老化すると毛穴がゆがむなどして、十分な栄養が髪に行きわたらなくなってしまいます。

栄養バランス

栄養バランスの偏った食事ばかりをとっていると、髪に必要な栄養素を体に取り込めず、頭皮まで届けられなくなってしまいます。また、脂肪分の多い食事ばかり取るのも、頭皮環境には良くありません。

ストレス

ストレスを感じるとホルモンバランスや自律神経が乱れ、血流が悪化してしまうことがあります。血行不良になると頭皮に十分な酸素や栄養素が送られず、髪の毛が細くなってしまう可能性が出てきます。

細い髪の毛を太くする方法

細い髪の毛を太くする方法 細い髪の毛をより太くするために、実践したい生活習慣をご紹介します。

バランスのとれた食事

丈夫で太い髪を作るためには、豊富なタンパク質・ビタミン・ミネラルを摂取する必要があります。ファストフードなど偏った食生活では、頭皮に十分な栄養が届かなくなってしまうため、バランスの取れた食事を心掛けましょう。

質の良い睡眠をとる

良質な睡眠をとると新陳代謝が促され、頭皮環境も良好になるのです。健康的な頭皮づくりのため最低でも6~7時間は睡眠をとることをおすすめされています。また、睡眠の質を高めるためにも、眠る前にスマートフォンやパソコンを見ることはやめましょう。

ストレスをため込まない

ストレスがたまると、髪の毛に栄養が行き届かなくなります。とはいえ、ストレスをまったくため込まないのは不可能なため、運動や趣味などでストレスをできるだけ発散するようにしてください。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行うことで血流が良くなり、頭皮環境が改善されます。また、毛母細胞がより活性化され、質の良い髪が作られるようになります。マッサージをする際は爪を立てることなく、指の腹を使って優しく行いましょう。

育毛サプリを飲む

育毛サプリは、体の内側から頭皮や髪に良い働きをしてくれます。食事だけではなかなか摂取できない栄養素を補うために、育毛サプリを活用するのも1つの手です。

育毛剤を使う

育毛剤を使用すれば、頭皮環境を整えて育毛を促進する効果が期待できます。

AGA治療を行う

セルフケアだけで確実に太い毛に変えることは困難な上に、髪が細い原因を判断することもできません。本格的に毛髪を太くしたい方は、専門のクリニックで治療を受けてみてはいかがでしょうか。

頭皮ケア商品を使用

最近は、頭皮ケアを全面に出したシャンプー・コンディショナー・育毛剤・整髪料などが販売されています。頭皮はデリケートで炎症を起こすこともあるため、ケア商品にはなるべく刺激が少ないものを使用しましょう。

おわりに

髪の毛が細くなる原因は加齢・ストレス・栄養バランス・遺伝などが考えられますが、自分で髪を太くするために今すぐに始められる対策は、日々の生活を改善することです。 遺伝の場合は大きな変化を生み出すことは期待できませんが、さまざまな工夫やケアによって髪をボリューミーに見せることはできます。
また、セルフケアだけでは不安だ、専門的なケアを受けたいという方はクリニックや専門医に相談しても良いでしょう。