頭皮ケア

栄養不足かも?髪の毛のパサつきが気になる場合の正しい改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7561-00145-1
「髪のパサつきがひどい」「毎日ケアしているのに、髪がパサついている」という悩みを抱えている方は多くいるでしょう。髪の毛がパサついている場合、髪に必要な栄養が足りていない可能性があります。今回は、髪の毛のパサつきの原因と改善方法、必要な栄養素についてご紹介します。

髪の毛のパサつきの原因は?

髪の毛がパサついてしまうのは、パーマ・カラーリングなどのやりすぎや、間違った方法のシャンプー・ブラッシング、女性ホルモンの低下、栄養不足など、さまざまな原因が考えられます。ここでは、なぜパサついてしまうのかをご紹介します。

なぜパサつくのか

頭皮に爪を立ててゴシゴシこする、髪の毛同士をこすりあわせるなど、間違ったヘアケアを続けていると、頭皮や髪は簡単に傷んでしまいます。絡まっている髪をブラッシングなどで無理やりほどいた場合も髪に負荷がかかり、パサつくだけでなく枝毛や切れ毛になる可能性もあるのです。
また、パーマやカラーリングは薬剤を使用するため、髪の毛にダメージがないとはいえません。美容院ではセットでトリートメントを行うことも珍しくありませんが、同時にケアすることによりダメージを抑えているのです。
短い期間に何度もパーマやカラーリングを行うと、キューティクルがはがれやすくなり、パサつきにつながる恐れがあるため、適度におしゃれを楽しむことが大切です。
女性は、ホルモンバランスの乱れにも要注意。女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」は、髪の毛の成長を促してくれます。エストロゲンが不足してホルモンバランスが乱れると、髪の毛が徐々に細くなり、パサつきが出てしまう可能性があります。

栄養不足もパサつきの原因になる

頭皮に爪を立ててゴシゴシこする、髪の毛同士をこすりあわせるなど、間違ったヘアケアを続けていると、頭皮や髪は簡単に傷んでしまいます。絡まっている髪をブラッシングなどで無理やりほどいた場合も髪に負荷がかかり、パサつくだけでなく枝毛や切れ毛になる可能性もあるのです。
髪の毛がパサついている場合は、間違ったヘアケアだけでなく、栄養不足が影響している可能性もあります。必要な栄養素が足りていないと髪はパサついてハリやコシがなくなってしまい、頭皮の乾燥や抜け毛、薄毛を引き起こす影響もあるのです。

髪の毛に必要な栄養素を摂取しよう

髪の毛は、ケラチンというタンパク質が主な成分です。ケラチンに含まれている「メチオニン」がパサつきの改善をもたらしますが、メチオニンは体内でつくれないため、食べ物から摂取する必要があります。

髪のパサつきを防ぐ三大栄養素とは

髪の毛のパサつきを防いで健康な状態を保つには、「タンパク質・ビタミン・ミネラル」を毎日の食事からバランスよく摂取することが大切です。
タンパク質を摂取できる食材は、卵、肉や魚、大豆製品、乳製品などです。また、タンパク質の代謝にはビタミンB6のサポートが欠かせません。ビタミンB6は、まぐろやかつお、いわしなどの魚類に豊富に含まれています。
ミネラル成分のうち亜鉛は、タンパク質を合成し、髪の毛をつくるサポートをしてくれます。亜鉛を摂取するには牡蠣(かき)や牛肉のほか、ナッツ類もおすすめです。

外側からも栄養補給しよう

髪の毛をパサつかせないためには、外側からも栄養を補給しましょう。オイルケアや頭皮マッサージ、あるいはヘッドスパなどを試してみてください。

ヘアオイルやミストで乾燥予防

髪が乾燥すると、キューティクルが失われてしまいます。髪の毛は自然乾燥に任せるよりも、早めにドライヤーで乾かすことが大切です。ドライヤーを使う際は、ヘアオイルやミストを使用して、髪を乾燥から守りましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行う場合は、頭皮専用のローションを塗ってマッサージをしましょう。頭皮ローションは、髪にやさしいボタニカル成分が含まれているものがおすすめです。頭皮に潤いが出て、髪のパサつきを緩和できます。

ヘッドスパ

パサつきをケアするためには、栄養が髪全体にいきわたるように、頭皮の血行促進を促すのがポイントです。プロの技術を堪能できるヘッドスパは、血行不良を改善できるうえ、頭皮を健康な状態に戻すサポートをしてくれます。

おわりに

今回は、髪の毛がパサつく原因と正しい改善方法についてご紹介しました。髪の毛がパサついてしまうのは、間違ったヘアケアが原因となるほか、栄養素の不足が考えられます。髪に良いタンパク質やビタミンB6を日々の食事で摂取して、栄養不足の改善を心がけてみてはいかがでしょうか。