頭皮ケア

毛穴の詰まりを解消!薄毛・抜け毛予防になるシャンプーの方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7561-00141-1
毛穴が詰まると、髪の毛も抜けやすくなるといわれています。毛穴の詰まりを解消して、健全な頭皮環境をキープするためには、シャンプーの方法を見直しましょう。正しいシャンプーの方法をマスターできれば、薄毛・抜け毛予防につながります。
今回は薄毛・抜け毛の原因と、その対策である適切なシャンプーの方法・選び方についてご紹介します。

薄毛・抜け毛には、頭皮環境の悪化が影響を与えている?

頭皮の断面図 抜け毛には毛穴の詰まりや血行不良、頭皮の乾燥などが関係しています。このような頭皮環境の悪化が、髪の生成土壌である頭皮に起これば、抜け毛だけではなく薄毛のリスクも高まるでしょう。以下は、薄毛・抜け毛に深く関わりのある4つのポイントをご紹介します。

【1】毛穴の詰まり

過剰な皮脂や汚れ、汗が毛穴に詰まると毛根に栄養が届かず、髪の成長を妨げる可能性があります。頭皮の皮脂が増える理由には、偏りがちな食生活や不適切な洗髪など、日々の生活習慣が密接に関係していることが多いのです。

【2】血行不良

髪の成長に必要な栄養素は血流により運ばれていますが、ストレスや偏った食生活、慢性的な体調不良などで血管の機能低下が起こると、髪に栄養が届かなくなります。このような血行不良は髪の成長を妨げ、薄毛・抜け毛につながるでしょう。

【3】雑菌の繁殖

頭皮の脂やフケをエサにして菌が繁殖すると、髪の成長サイクルを大きく乱す恐れがあります。初期の段階で改善できれば問題ありませんが、そのまま放置していると髪が抜け落ちたり、新しい髪の生育が困難になったりするため気を付けましょう。

【4】乾燥

頭皮の皮脂が必要以上に落ち乾燥してしまうと、紫外線などの外部ダメージへの耐性が弱くなり、結果として頭皮のフケやかゆみ、抜け毛といったトラブルが起こります。

正しいシャンプーの方法で薄毛・抜け毛予防を

薄毛・抜け毛対策のために、正しいシャンプー方法をマスターし、毛穴の詰まりや乾燥、雑菌の繁殖を防ぎましょう。しかし、シャンプーはただ行えば良い、というものではありません。そこで、以下のような手順を参考にシャンプーを実施しましょう。

【1】軽くブラッシングする

入浴前のブラッシングはシャンプーの泡立ちを良くし、髪に付着した汚れを除去しやすくする効果があります。ブラッシングをするときは、クシが頭皮に直接触れないよう優しく当ててください。

【2】予備洗い

予備洗いとは、本洗いの前にお湯だけで軽く頭をすすぐ洗い方です。髪や頭皮にこびり付いたホコリや皮脂汚れは、この予備洗いである程度落ちるといわれています。さらに、予備洗いを行うことで、シャンプー時の泡立ちも良くなりスッキリした洗髪に期待が持てるでしょう。

【3】本洗いはマッサージも兼ねて

ブラッシングと予備洗いできれいに洗う環境を整えたあと、本洗いに入ります。シャンプー剤は適量を手のひらに取り、軽く泡立ててから使用してください。シャンプー時には、指の腹を使ってマッサージを行うような感覚で、丁寧にもみほぐしましょう。シャンプーをしながら頭皮マッサージをすることで、毛穴の汚れをきれいに取り除くだけではなく、血行が活性化し抜け毛予防に効果が期待できます。

【4】すすぎ

すすぎ不足は、思わぬ頭皮トラブルを引き起こします。シャンプーの成分が地肌に残ったままだと毛穴の詰まりやかぶれの原因となり、大切な毛根を傷つける恐れも。そのため、髪のすすぎは3~5分程度を目安に、入念に行うようにしてください。

【5】ドライ

髪を乾かすときは、清潔なタオルで水分を拭き取ります。そのあとは、できるだけ時間を置かずにドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーは髪から10cm以上離し、熱が髪に強く当たり過ぎないようにしてください。

おすすめのシャンプーは?

オーガニックシャンプー 洗浄力の強いシャンプーは薄毛・抜け毛につながる可能性があるため、シャンプー選びにも配慮しましょう。中でもおすすめなものは、オーガニックシャンプーやアミノ酸系シャンプー。自然成分配合を原則としたオーガニックシャンプーと頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーは、頭皮に負担を掛けずに皮脂や汚れを適度に除去してくれます。

おわりに

毛穴の詰まりや雑菌の繁殖、血行不良などが起きると頭皮トラブルを招き、薄毛・抜け毛につながります。「頭皮のコンディションがあまり良くないな」と感じたら、まずはシャンプーの方法を見直してください。今回ご紹介した方法を参考に、健康的な頭皮環境を目指し薄毛・抜け毛予防をしましょう。