Q&A

帽子の汗染みはどうやって洗い落とせばいいの?夏の終わりのトラブル解決

A.いくつか方法はありますが、もっともオススメの方法はクリーニングに出すことです。
今年の夏も例年並みかそれ以上に暑かったので、帽子が大活躍したという人は多いと思います。
ところで、みなさん、帽子を定期的に洗って清潔に保てているでしょうか?
たとえば黒や濃紺など濃いめの色のキャップをお持ちの方は、ご自身の帽子をいま一度よく確認してみてください。
もしかしたら白く塩が吹いたまま乾いていたり、汗染みが定着したりで、まるでもともとの模様のように見えることがあるかもしれません。
これではせっかくのオシャレな帽子が台無しです。
自分ではなかなか気がつかないかもしれませんが、たとえみなさんが毎日洗髪して頭皮をキレイに保っていても、被った帽子が汚染されていたのでは不快なニオイを放っているかもしれませんよ。
しかもこの夏を通じて、あるいはその帽子を買ってから今まで一度も洗ってなかったとしたら、その帽子の中は雑菌の温床になっているかもしれません。

帽子はデリケート!洗濯表示タグを確認

今回を機に帽子も定期的に洗うようにしましょう!
帽子にはオールシーズンを通して使える物も多いので、キレイになった帽子とともに、心機一転新シーズンのオシャレを楽しみましょう。
しかしながら帽子は生地や作りがデリケートな物が多いので、はたしてほかの衣類と同じように洗濯機に回していいものか……と悩みますよね。
そこで第一段階としてまずみなさんにしてほしいことは、洗濯表示のタグを読めるようになることです。
つまりまずは帽子に付いている洗濯表示タグを確認してほしいのです。
そこにはたとえば「手洗いマーク」が表示されています。
「手洗いマーク」を字義通りに捉えると手洗いしなければいけないと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
「手洗いマーク」はあくまでも、「この商品はデリケートな商品なので洗濯するときは気をつけてくださいね」という先方からのメッセージです。
だから帽子を洗濯機で回す際には、「おしゃれ着洗いコース」や「おうちクリーニング」、「ドライコース」などデリケートな衣類の洗濯に適したコースを自宅にある洗濯機でためしてみてください。
たいていの一般家庭用洗濯機にはおそらく似たような機能が付いています。
ただ洗濯機で回す際は、洗濯表示タグに「洗濯用ネット」という文言がなくても、ネットに入れて洗うことをオススメします。
なぜならネットに入れることでほかの衣類と絡まり合うことが軽減し、帽子の傷みも軽減されるからです。

洗濯機は使える?

第二段階として、洗濯機で回していいのかわからないというときがあるかと思います。
それはたとえば、タグの表示内容が薄れて見えなかったり、帽子を入手した時点でタグがなかったりなどです。
迷うのであればクリーニングに出すことをオススメしますが、自宅で自分で何とかしたいという人もいることでしょう。 なので自宅でできる方法もご紹介しておきます。
帽子のお手入れに慣れている人であれば、たとえ洗濯表示タグが見当たらなくても経験則で最善のお手入れ方法がわかるかもしれませんが、素人が勘で洗濯機の中に放り込んだり、いきなり熱いお湯に浸けたりすることはそこそこリスクがあるので避けましょう。
多くのデリケートな帽子に使える自宅でのお手入れ方法は、洗面器に30℃前後のぬるま湯を張ってから、中性洗剤を入れて洗濯液をつくり、その中に帽子を浸します。
そして帽子の型が崩れないようにやさしく押し洗いをしましょう。
一度押し洗いした洗濯液を捨てたあとは、ぬるま湯に入れ替えて同じように押し洗いをしてすすぎます。
これを2、3回繰り返して洗濯液を完全に取り除いたら、次はタオルで包み、やさしく水気を取りましょう。
そして最後の乾燥段階では、風通しのいい日陰で乾かしましょう。
乾かすときの注意点は、洗濯ばさみではさんで干さないことです。
デリケートな帽子に洗濯ばさみの跡が残ってしまわないよう、台所にあるボール型のざるなどの上に置いて形状を保ちながら乾かすようにしましょう。
キャップやハットなど型くずれが怖い物は特に慎重に、です。

最後に

話は一転、ヒップホップ界隈では新品のキャップのツバにもともと付いているシールを「剥がさない」というカルチャーがあります。
このカルチャーを尊重する場合、「おしゃれ着洗いコース」であろうと中性洗剤での押し洗いであろうと、おそらくシールは剥がれます。
クリーニング屋さんの中には、シールまでは対応できないと断られることもあるようですが、中には対応してくれる店もあるようなので、心配な方は「対応可能」と確認を取ったうえで、クリーニングに出すことがやはり一番無難でしょう。
ちなみに帽子一つあたりのクリーニング代金の相場は、500~1,000円です。