抜け毛

保険は?費用は?薄毛・抜け毛治療で注目されるAGA治療とはどんなもの?

最近耳にすることが増えてきた、AGA(男性型脱毛症)。AGAは成人男性によくみられ、生え際や頭頂部などの頭髪が薄くなる症状をさします。この脱毛症の治療方法として、「AGA治療」が注目を集めていますが、「名前はよく聞くけれど、詳しい内容は知らない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、AGA治療では具体的にどのような治療を行うのか、保険は利くのか、また気になる費用などについてご紹介します。

AGA治療の治療内容とは?

頭皮の中治療の様子 AGA治療には大きく分けて2種類あります。
1つは、治療薬を服用する、または外用薬を頭皮に塗布する方法です。AGA治療で処方される代表的なものは「プロペシア」という内服薬と「ミノキシジル」という外用薬です。

プロペシアは、飲む治療薬として多くの方に使用されています。プロペシアの効果は、AGAの1番の原因となる「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンから作られる物質の生成を抑えることができるといわれています。
ミノキシジルは、髪に塗る薬で発毛を促す効果をもつとされています。頭皮の血行を促し、毛母細胞に刺激を与えることで、発毛を促す役割をもちます。

そして、もう1つは施術による治療です。これは髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に注入する方法です。こちらは新しいAGA治療として注目を浴びています。

AGA治療方法は、薄毛の状態や年齢、アレルギーの有無などによって変わってくるため、自己判断をせずにまずは専門家に相談することをおすすめします。

AGA治療に保険は利くのか?費用は?

聴診器と健康保険資料 現在、AGA治療のほとんどが保険適用外です。保険適用外の理由は、AGA治療は厚生労働省が定めた医療保険の適応されるものに含まれておらず、美容整形と同じ部類に分類されているためです。
ただし、精神的な理由や他の病気の影響を受けて脱毛症状が起こりAGA治療を受ける場合には、税務署および税務署職員にその理由が認められると医療費控除が適応されることがあります。

治療薬の服用によるAGA治療の場合、プロペシアであれば1カ月で約7,000円から10,000円ほどですがジェネリックの場合は約2,000円以下での購入も可能です。
施術による治療の場合、発毛注射であれば1本30,000円から40,000円ほどが相場といわれています。植毛の場合はさらに費用が高く、仮に1,000本を植毛すると30万円から100万円もの高額になることもあります。

治療内容によって掛かる費用が変わるため、AGAの治療費に関しては、1度専門医に相談してみることをおすすめします。

AGA治療の流れ

カウンセリングを受ける男性 AGA治療は、受診する病院によって診察方法や治療の流れが異なります。
専門機関で治療を受ける場合は、最初にカウンセリングが行われます。このとき、髪の悩みや状態、生活習慣、今後薄毛をどのように改善したいかなどを専門医に伝え、今後の治療法や期間、費用などを説明されることが多いようです。

疑問点や不安な点は最初に質問しておくと良いでしょう。もちろん、治療の途中でも疑問に感じたことは率直に聞いてみましょう。また、髪の栄養状態の検査や遺伝子検査が可能なのも専門機関の特徴です。

次は一般病院で治療を受ける場合です。こちらは専門機関ほどの綿密なカウンセリングなどはありませんが、通いやすく費用も比較的安く抑えられるのが魅力です。

そして、育毛サロンなどで治療を受ける場合、こちらは医療機関ではありませんが、やはり専門機関と同じように丁寧にカウンセリングをしたのち、頭皮マッサージやシャンプーなど専門性の高い施術を受けることが可能です。

おわりに

AGA治療は薬で行う治療と施術で行う治療があり、効果がでるのは通常6カ月以上といわれています。保険は適用されませんが、脱毛症の原因によっては医療費控除が適用されることもあります。治療方法によっても費用はさまざまなので、AGA治療を検討する際にはまず専門家に相談してみましょう。