薄毛

薄毛隠しの方法と薄毛を隠す髪型・ヘアスタイル10選

髪の毛の悩みの1つ「薄毛」。髪を整える際に、ボリュームが出ないことで髪型が決まらない!という方もいると思います。薄毛を隠す方法や薄毛を隠せる髪型・ヘアスタイルがあれば、もっとおしゃれを楽しむことができ、普段の印象が大きく変わりますよね。
そこで今回は、薄毛隠しの方法と薄毛を隠す髪型・ヘアスタイルについてご紹介します。

薄毛隠しの方法

薄毛を隠しておしゃれを楽しむ代表的な方法として、帽子を使う方法があります。
帽子ならばさまざまなデザインがあるため、シーンや服装に合わせてコーディネートを楽しむことができます。
素材も抜け毛の原因となる紫外線をカットする帽子をかぶれば、髪や頭皮の保護にもつながります。
注意すべき点としては、長時間かぶると頭髪・頭皮が蒸れる場合があるため、通気性の良い素材を選ぶことと、血行不良を起こすような「頭を締め付けるきつい帽子」は着用しないことが挙げられます。
ターバンを使うのもおすすめです。柄やカラーのバリエーションが豊富なターバンなら、さまざまな服にも合わせやすく、薄毛をおしゃれに隠すことができます。

薄毛隠しのスプレーや、専用の粉(繊維)をふりかけることで薄毛を隠すアイテムを使うのもお手軽で便利です。カラーが充実しているため、より自分の髪色に近いものを選ぶことができます。最近ではコンパクトで持ち運べるものも販売しているため、外出先で髪が気になったときすぐに直すことができます。
使用した後はシャンプーや専用のクレンジング剤を使用すれば色を落とすことができます。

特別なアイテムを使わずに薄毛を隠す方法は、髪型・ヘアスタイルを変えることです。
以下では男性・女性それぞれの薄毛を隠す髪型・ヘアスタイルをご紹介します。

男性の薄毛を隠す髪型・ヘアスタイル5選

薄毛を隠す男性の髪型のポイントとしては、髪全体のバランスを整える、短めにカットする、髪の流れに逆らわないなどが挙げられます。このポイントをおさえた髪型・ヘアスタイルは以下のものになります。

【ソフトモヒカン】

ソフトモヒカン サイドをできるだけ短くし、残っている髪の毛をトップに集めることで薄毛を目立たせなくする効果があります。
アレンジ次第でイメージが変わる、人気の髪型です。自然なセットが楽しめる、おしゃれに敏感な方向けのスタイルです。

【ベリーショートスタイル】

ベリーショートスタイル すっきりとした髪型で清潔感があり、流れに沿ったスタイリングは手入れも簡単です。幅広い年齢層に対応できます。

【ショートレイヤー】

ショートレイヤー ビジネスシーンにも対応できる、短めの髪に段を入れた髪型。極端に短髪にはしたくない、前髪を立ち上げるのは避けたい方におすすめの髪型です。

【オールバック】

髪全体を後ろに流した大人の雰囲気あふれる髪型。頭頂部から後頭部の薄毛が気になる方に向いています。スタイリングのしやすさもポイント。

【おしゃれ坊主】

全体的に短くカットした坊主スタイル。髪の毛の量が少ないのを目立ちにくくでき、ワックスを使用すればアレンジもできるおしゃれな髪型です。

女性の薄毛を隠す髪型・ヘアスタイル5選

女性の髪型のポイントとしては、つむじを隠すこと、分け目を変えてみることです。
このポイントをおさえたヘアスタイルは以下の通りです。

【ボブ】

ボブ 髪にボリュームを出しやすい髪型。表面にレイヤーを入れるとふんわりしてトップの薄毛を隠すだけでなく、上品に見せることもできます。

【カール】

カール レイヤーを付けた後にパーマなどでカールに仕上げた髪型です。大人っぽさを演出する仕上がりになります。カールを付けることで髪の毛をふんわりとさせ、ヘアスタイルをふんわりと見せてくれます。カールをかけることで髪が少なくてもアレンジがしやすくなる点も魅力です。

【フルバング】

前髪が薄いのを悩んでいる方におすすめです。頭頂部から前髪を作ることで前髪にボリュームを持たせて、印象を変えやすいのが特徴の髪型です。

【マッシュ】

毛量が少なくても再現しやすいマッシュルームのようなシルエットが特徴的なマッシュヘアは、頭頂部・前髪どちらの薄毛もカバーすることができる髪型です。マッシュショートなどデザインも豊富で、薄毛を隠しながらおしゃれを楽しめるのが人気。

【ハーフアップ】

あまり髪をアップにしたくない方におすすめ。華やかな印象を与え、ボリューム感も出るため頭頂部の薄毛を隠す髪型として適しています。

おわりに

今回は薄毛隠しの方法と薄毛を隠す髪型・ヘアスタイルについてご紹介しました。
薄毛を隠す手軽な方法でありながら、おしゃれを楽しむことができる髪型やヘアスタイルは他にもたくさんあります。自分に合ったヘアスタイルを見つけてみてはいかかでしょうか。