薄毛

短期間で発毛効果を実感?薄毛治療に効果的な毛髪再生メソセラピーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7561-00146-1
「短期間で発毛効果を実感したい」そんな願いをかなえてくれるかもしれない治療方法が、「毛髪再生メソセラピー」です。この治療方法は、毛髪再生に効果が期待できる成分を直接患部に注入し、毛母細胞の活性化を促します。比較的副作用の可能性も低いといわれていることから、昨今注目を集めている治療方法です。そこで今回は、毛髪再生メソセラピーで使用される医療薬に含まれる成分や期待できる効果、考えられる副作用についてご紹介します。

毛髪再生メソセラピーとは

毛髪再生メソセラピーとは、医療薬を体内に注入して患部を治療するメソセラピーと呼ばれる医療技術の一種です。病院によっては、幹細胞から抽出したタンパク質を使用する幹細胞再生治療を実施するところもあります。毛髪再生の場合、注射器などにより頭皮に育毛成分を注入する方法が一般的です。

治療方法の特徴

メソセラピー治療で使用される医療薬に含まれる成分は、それぞれ発毛・育毛効果をサポートし、これまでの治療方法より短期間で薄毛の症状を改善する効果が期待されています。弱っている毛根の復活を促して、毛髪を再生させる可能性を秘めた治療方法です。

医療薬に含まれる成分と期待できる効果は?

以下では、毛髪再生メソセラピーによって注入される医療薬に使用される成分と、治療により期待されている効果をご紹介します。

【1】ミノキシジル

ミノキシジルは血管拡張作用を期待されて開発された成分です。血管新生の働きがあり、毛根周辺の毛細血管の活動にも働きかけます。これにより栄養素の補給もスムーズとなり、髪の毛を生み育てる土壌がしっかり形成されます。

【2】フィナステリド

フィナステリドには、AGAの主因子であるジヒドロテストステロンを作る5aリダクターゼの働きを抑制します。これにより、ヘアサイクルが正常化に向かい、髪の毛の成長を維持することができます。

【3】成長因子

成長因子は細胞活動を促進するタンパク質です。成長因子の働きかけにより、毛母細胞や毛乳頭の働きをサポートしてくれます。また、ミノキシジルと同じく血管を新しく生成する働きもあり、毛根周辺の組織に良い影響を与えてくれるといわれています。

【4】ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人間の体内にも存在して、高い保湿効果を持つ成分です。ヒアルロン酸には、髪の毛に栄養素を送り込む毛細血管の拡張を促す効果が期待できます。さらに、保湿効果も高いため、頭皮環境の改善をサポートします。

【5】銅ペプチド

ジヒドロテストステロンを生成させる、5aリダクターゼの活性化を抑制する働きがあるものが銅ペプチドです。また、毛母細胞にも働きかけて、健康なヘアサイクルを維持してくれます。

治療による副作用は?

毛髪再生メソセラピーによる副作用の危険性は少ないといわれています。しかし、可能性がゼロではありません。可能性は低いものの、治療に使われる注射針などによって、頭皮に赤みやかゆみが生じるケースもあります。
治療器具が頭皮に直接当たるため、刺激を受けて炎症を起こす副作用には注意が必要です。また、過去に育毛剤を使用したことがあり、その際に副作用があった方は注意しましょう。治療を受けて頭皮に合わないと感じたら、すぐに主治医に相談して治療を継続しても大丈夫か相談してください。

おわりに

一般的な薄毛対策といえば、発毛剤や育毛剤の使用ですが、「いくら使っても髪の毛が生えてこない」とお悩みの方も多いでしょう。 薬剤を頭皮に直接注入する毛髪再生メソセラピーは、そんな従来の薄毛治療が抱える課題を解決する可能性を秘めた、短期間での発毛・育毛効果に期待が持てる治療方法です。副作用のリスクは低いものの、可能性がゼロではないため、治療前の事前説明はしっかり受けるようにしてください。