豆知識

髪型イノベーション!メンズの定番ツーブロックはなぜここまで市⺠権を得たのか?

今や世の中の男性の過半数がしているといってもいい髪型がツーブロックでしょう。特に20~30代からの支持は圧倒的で、若い男性向けの美容室ではお客さんの9割以上がツーブロックをオーダーするなんてこともあるそうです。
では、なぜツーブロックはここまで市民権を得ることができたのでしょうか?髪型やファッションにはトレンドが付きものとはよく言われますが、ツーブロックはもはやトレンドの域を越えています。かつて流行ったショートモヒカンやウルフカットを思い出してみてください。流行の最中にいる頃は、誰しもが疑うことなくそれらの髪型をカッコイイと思って真似ていました。ところが今はどうでしょう?トレンドが完全に過ぎ去った今、それらの髪型をオーダーするのはかなりの勇気がいるのではないでしょうか。ショートモヒカンやウルフカットがまた数十年後にリバイバルされるまでは……。 というわけで、かれこれ10年以上も圧倒的に支持されているツーブロックは、もはやスタンダードな髪型として確立したといえます。なぜそうなったのかを今回は考えていきましょう。

ツーブロックとは

そもそもツーブロックとはどういう髪型なのかをおさらいしておきましょう。それは「ツーブロック」という言葉がすでに示しているように、髪の毛の長いブロックと短いブロックの二つからなります。ですから、極端な話、「落ち武者」と聞いてイメージする髪型もツーブロックです。とはいえ現代でツーブロックといえばほぼ確実に、トップを長めに残し、サイドと襟足を短くしたヘアスタイルのことを意味します。
ただ、ここで一つ注意点があります。ツーブロックではサイドと襟足をかりあげることが多いため、「かりあげ」と「ツーブロック」を混同している人がいますが、両者は異なります。「かりあげ」はあくまで、バリカンによって刈り上げられた部分、その方法のことをいいますが、「ツーブロック」に必ずしもバリカンが必要なわけではありません。また「かりあげ」によっては、襟足部分から後頭部にかけてなだらかに長さを変えて刈り上げることがありますが、これはツーブロックとはいえません。ツーブロックはあくまでも長短のついた二つのブロックですから、「なだらかに」なることはなく、メリハリのついた髪型となります。

ツーブロックはアレンジがしやすい

ツーブロックが長年支持され続ける理由の一つに、「アレンジがしやすい」ということがあります。たとえば、サイドと襟足を短く刈り上げたとしても、トップにある程度の長さが残っていれば、髪の毛を下ろしたときにかりあげ部分を隠すことができます。これによりビジネスシーンでは奇抜な髪型ができない人であっても、オフの日には長髪部分を結わくなどのアレンジをして、まったく異なるヘアスタイルを楽しむことができるのです。

ツーブロックは日本人に向いている

日本人はハチが張りやすい頭の形をしています。そのため髪を伸ばすと横に広がってしまうのです。さらにクセ毛であれば、横へ横へとボリュームが増していくため、縦長のシュッとした印象とはかけ離れてしまいます。このような悩みの解決にもなるのが、サイドの髪をスッキリさせてトップにボリュームを集中することができるツーブロックスタイルなのです。 さらに、日本人は清潔感のある人が大好きですよね。ツーブロックにすると顔まわりがスッキリするため、ただ伸ばしっぱなしにした髪の毛のときよりもはるかに清潔な印象を与えることができます。

まとめ

ツーブロックはもはやトレンドの域を越えてスタンダードな髪型の一つとなりました。なぜならアレンジがしやすいというメリットに加え、日本人の頭の形や気質にも合っていたからだと考えられます。しかも今では、その流れは男性だけにとどまらず女性にも及んでいます。今後のツーブロックがどのように進化をしていくのかますます楽しみですね。