豆知識

白髪が固まって生えるのはなぜ?白髪の生える位置が意味すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前髪やもみあげ、つむじなど、同じ部分に固まって白髪が生えてくることがあります。白髪が固まって生えるとどうしても目立つため、余計に白髪が気になるという方も多くいるでしょう。

しかしなぜ、同じ場所に白髪が生えてしまうことがあるのでしょうか?
今回は、白髪が生える仕組みと白髪の生える位置が示すサインについてご紹介します。

白髪が生える仕組み

最初に、髪の毛が生えるメカニズムについてご紹介します。髪の毛は、1本1本の根元にメラノサイト(色素細胞)を持ち、メラノサイトによって作られたメラニンが髪の毛を黒くする、という仕組みです。髪の毛は頻繁に抜け替わりますが、成長がとまった髪の毛はすぐに抜け落ちるのではなく、根元部分に新しい髪の毛の準備をします。

根元部分が新しい髪の毛を育てようとするときに、不要になった髪の毛が抜けていくのです。そして、新しい髪の毛が伸びていく過程でメラノサイトが働き、髪の毛を黒く染めます。一方、白髪はメラノサイトの働きが低下しメラニンが生成されない状態になるため、白い髪の毛が生えるのです。

白髪が生える理由として考えられるもの

上記のように、メラノサイトが働かなくなると白髪が生えてしまいます。このような髪の毛のメラノサイトが働かなくなる理由にも、さまざまなものがあります。

加齢

加齢による老化現象でメラノサイトの働きが低下すると、白髪が生える可能性は高まります。加齢による白髪は改善が難しいとされていますが、生活習慣を見直しバランスの良い食事をとることで、全体的な白髪の本数を減らすことはできるでしょう。また、年を重ねても黒い髪が生え続ける方、若いときから白髪が生えていた方など個人差もあるようです。

遺伝

白髪になるかならないかは人により異なりますが、白髪になりやすい体質は遺伝により引き継がれることがあります。特に若いうちから白髪が生えている方は、遺伝により白髪になりやすい体質である可能性が高いです。

ストレス

過度なストレスが原因で、メラノサイトが正常に働かなくなるケースもあります。過度なストレスは、自律神経や体の免疫、毛根にもダメージを与えてしまう恐れがあるのです。しかし、ストレスの原因を解決することができれば、再び黒い髪が生えてくる可能性もあります。

血行不良

血行不良によって必要な栄養素が髪に運ばれない場合も白髪になることがあります。そのため血行不良を促す喫煙習慣などは、白髪のリスクを高めると考えられます。
またそもそも摂取される栄養が不足している場合、吸収された栄養は髪の毛ではなく、内蔵など生命維持に欠かせない部分へ優先的に送られます。そのため黒く健康的な髪を作ることは後回しにされてしまうのです。

白髪の生える場所が表すサイン

金の人体模型と男性医師 体のどこかに不調があると、決まった部位に白髪が固まって生えることがあります。白髪の生える場所が表すサインには諸説ありますが、主に以下のような項目が挙げられます。

・こめかみ

目の不調、眼精疲労、ストレス

・前頭部

痔、便秘などの肛門の不調、ストレス

・頭頂部

消化器系の不調、紫外線によるダメージ

・側頭部

内臓の不調、むくみ、ストレス

・後頭部

精力減退(男性)、不妊や生理不順(女性)など生殖器の不調

おわりに

加齢が原因で白髪が生えていると、黒い髪が再び生えてくることはほとんどないといわれています。一方、体の不調や病気などで白髪が生えている場合は、適切な治療を行えば黒い髪が生成される可能性はあるでしょう。

また、白髪が固まって生える位置で体の不調を知ることもできます。こめかみは目の疲れ、前頭部は便秘やストレス、後頭部は生殖器系の不調などを示すサインです。白髪が多く生える場所を参考に、自分の健康状態を把握すれば生活習慣を見直すことにつながります。

今回ご紹介したことを参考に、体の不調のサインを探してみてはいかがでしょうか。