豆知識

髪型と香りで虫が集まってくる?虫に好まれるニオイやヘアスタイルとは

たとえば黒い服を着ているとスズメバチに狙われやすくなる、というような話を耳にします。
だから私も、キャンプや山登りに出かけるときにはできるかぎりの対策として、黒い衣服は避けるように心がけています。
このような風説にどれだけの信憑性、どれだけの効果があるのかはわかりません。
なかには全身黒ずくめの服でもまったくスズメバチを寄せつけない人もいるでしょうし、どれだけ肌を露出しようと蚊に刺されないと豪語する人もいます。
いずれにせよ、虫に好まれたくないのであれば、対策しないよりはしたほうがマシでしょうし、安心感もあるでしょう。
そこで今回は、虫に好まれやすいと考えられているヘアスタイルや髪のニオイなど、髪と虫との関係でお話していきます。

甘い香りは要注意

多くの虫たちはフローラル系の甘い香りを好みます。
私たち人間にとってもいい香りですが、虫たちにとっても大好物な香りなので、フローラル系の甘い香りのする整髪料は避けるようにしましょう。
むろんフローラル系の香水を全身にふりかけるなんてキャンプや山登りでは厳禁です。
甘い香りに虫たちが集まるのは考えてみれば当然の話です。
多くの植物たちは次の世代を残すための戦略として、虫に花粉を運んでもらうという方法を選んでいます。
とはいえ虫が喜んで寄って来るには工夫が必要です。
そこで植物たちの選んだポピュラーな戦略が、虫たちの好きな甘い香りを放つことで「あっちから来てもらう」という戦略です。
同じように、色とりどりの綺麗な花弁を咲かせることも虫に来てもらうための植物の戦略の一つです。
つまりフローラル系の甘い香りは、虫に対して「こっちにおいで」と合図を送っているようなものです。
人間にとってもいい香りということで、昨今のヘアワックスやヘアスプレーにはフローラルな香りのする商品も増えてきていますが、春から夏にかけての外出時には注意したほうがいいでしょう。

ハーブ系や柑橘系の香りがおすすめ

みなさんもご存知のように、すべての虫が甘い香りに誘惑されるわけではありません。
その代表格がハエですよね。
ハエはむしろ、私たち人間にとっては悪臭と感じるニオイに好んで寄って来ます。
このように一口に虫といっても、正反対のニオイを好む虫がいるのは事実で、虫の好みが多様だということが確認できました。
しかしやはり、相対的に多くの虫たちは甘い香りを好み、相対的に多くの虫たちが苦手とするニオイもあるようです。
虫たちが苦手とするニオイは、ハーブ系や柑橘系の香りです。
私たち人間にとっては、鼻腔がスーッとさわやかになるいい香りですが、虫たちの多くは苦手なニオイのようです。
よって春から夏にかけての整髪料やヘアケア商品には、ハーブ系や柑橘系の成分が含まれたものを選ぶといいでしょう。
汗ばむ夏にもさわやかな香りが心地いいはずです。
具体的には、「シトロネラ」、「レモンユーカリ」、「レモングラス」、「ゼラニウム」、「ラベンダー」、「ハッカソウ」などがハーブ系や柑橘系の香りとしてポピュラーなので、これらの成分が多く含まれた整髪料やヘアケア商品を選ぶといいでしょう。
ちなみにミントの一種である「ハッカソウ」を抽出してできたハッカ油はヘアケア商品として買い求めることが可能で、ハチ除けに効果があるともいわれています。

ベタつきの少ないヘアスタイルを

虫たちのニオイの好き嫌いについてはだんだんわかってきましたが、虫たちが好むヘアスタイルというのもあるのでしょうか。
虫に好まれる髪型は存在しません。
しかし、派手なカラーリングや香りの強い整髪剤は要注意です。長い髪だから好き、クセ毛だから嫌いということはありません。
ただ、虫の好き嫌い虫の意思とは関係なしに、結果として虫が集まってしまうヘアスタイルはあるでしょう。
アフロヘアのような密度の高いボリューミーなヘアスタイルはその一例です。
お察しのとおり、そのヘアスタイルに誤って入り込んでしまった虫は、脱出が絶望的です。
花のいい香りに誘われて飛び回っていただけなのに、まさかそんな場所で命が尽きるとは虫たちも想像だにしていなかったでしょう。
また、ベタつきの強い整髪料を使うと、同じように結果として虫が集まってしまうことがあります。
実際、グリースでスタイリングした私が自転車で川沿いを走ったあとには、おびただしい数の小さい虫たちが髪の毛にくっついていることがしょっちゅうです。
よって春から夏にかけて、グリースやポマードなどのベタつきの強い整髪料でスタイリングすることはおすすめできないので注意しましょう。

まとめ

地上で虫が活動的になる春から夏にかけての季節は、整髪料はつけずに帽子を被るなどの対策をするのがベストですが、つけるのであればハーブ系や柑橘系の香りの整髪料を選ぶようにしましょう。
また、ベタつきの少ない整髪料で快適に夏を乗り切りましょう。