豆知識

セルフカットに必要なものはこれ!おすすめのセルフカットグッズ5選!

「髪の毛を切る」、という行為はいまだに私たちにとって特別なことのようです。
なぜなら、女子たちが髪の毛を切ったことに気づけなければ「女心がわかっていない」と言われるし、自分がバッサリと短髪にすれば「失恋でもしたの?笑」と聞かれるからです。
一種のコミュニケーションとしてこれらのやりとりは楽しいですが、ヘアカットってもっと淡々とした行為であってもいいと思いませんか?これからもずっと、伸びては切る……を繰り返すわけですから。
そこで覚えておきたいのが、セルフカットのノウハウです。
植物の枝葉を剪定するように、もっと気軽に、気になった部分を日常的にお手入れできれば、いつでも思い通りのヘアスタイルをキープすることができます。
「髪の毛は美容室で切るもの」という固定観念を捨てて、セルフカットを日常的な行為にしてみましょう。美容室代もだいぶ浮かせられることでしょう。
というわけで今回は、セルフカットに必要なグッズを5つご紹介します。

①初心者用のハサミセット

私たちのようなヘアカットの初心者が、美容師さんのように、「うん万」とする高価なハサミを持つ必要はありません。
かといって家にある文房具のハサミでは、紙は切れても髪をきれいに切ることは難しいでしょう。そこでおすすめなのが市販のハサミセットです。
セルフカットに最低限必要な物たちが初心者用のセットとしてまとめられていて、数多く市販されています。ハサミ選びに迷うようなら、初心者用のハサミセットを買っておけば間違いないでしょう。
たとえば、以下のような商品があります。
LOFEE 散髪セット
画像引用:www.amazon.co.jp
こちらのセットには、ハサミのほか、すきバサミ、くし、ヘアクリップに専用ケースが付属されています。とりわけハサミは初心者にも使いやすいように設計されているためおすすめです。

②ヘアカッター

もっと気軽にヘアスタイルを調整したいシチュエーションもあるでしょう。
前髪を短くしたりトップのボリュームを落ち着かせたりしたい時がそうかもしれません。そのような時、ヘアカッターがあれば、ハサミセットを持ち出してくるまでもなく、簡単にセルフカットをすることが可能です。
たとえば、以下のような商品があります。
LOFEE グリーンベル ツーウェイ ダイヤルヘアカッター
画像引用:www.amazon.co.jp
こちらのヘアカッターは、ダイヤル式で切りたい髪の長さを調整できるので、誤って切りすぎてしまうリスクはかなり低減できるはずです。またヘアブラシが一体化されているため、とても手軽にセルフカットをすることができるでしょう。

③電動バリカン

電動バリカンもセルフカットの必須アイテムです。
今やスタンダードとなったサイドを刈り上げるツーブロックスタイルにも電動バリカンは欠かせません。またモミアゲ部分やうなじのキワ部分も、電動バリカンが一つあれば簡単に調整することが可能です。
たとえば、以下のような商品があります。
TOPERSUN 電動バリカン
画像引用:www.amazon.co.jp
最新型のこちらの電動バリカンは、切れ味が抜群なうえに安全性に優れた設計です。
またアタッチメントを付け替えることで10段階の長さ調節が可能です。
さらに、まるごと水洗いもできますし、コードレスのためどこでも気軽にセルフカットをすることが可能です。一年間の品質保証が付いているのも嬉しいかぎりです。

④ヘアーエプロン

セルフカットは、カットした髪の毛をきれいに掃除することまで含めて考えなければなりません。
美容室では私たちが掃除する必要などないため見落とされがちなアイテムですが、ヘアーエプロンやケープがあるかないかでは、セルフカットに対するストレスは大きく変わるでしょう。
たとえば、以下のような商品があります。
Fine ヘアーエプロン
画像引用:www.amazon.co.jp
こちらのヘアーエプロンは、パッと広げてかぶるだけの簡単仕様です。
切った髪の毛をしっかりとキャッチできるため、セルフカットの後始末が飛躍的にラクになるでしょう。
また、子供から大人まで対応できるほか、使用後にはコンパクトに折りたたんで収納することも可能です。

⑤三面鏡

最後は三面鏡です。
洗面台の大きな鏡だけでは「前から見た自分」しか確認することができません。私たちは日頃、横からも後ろからも見られているということを忘れないでおきましょう。
そのような広い視点をふまえてセルフカットをする時に、三面鏡は欠かせません。なるべく大きい三面鏡ながら、持ち運びが容易な物を選ぶとセルフカットには非常に便利です。
たとえば、以下のような商品があります。
山善 卓上三面鏡
画像引用:www.amazon.co.jp
こちらの三面鏡は、ミラーを開いた時の幅が43センチと大きめながら、持ち運びも可能なサイズです。 さらに鏡の土台部分には小物を置けるスペースが設けてあるため、セルフカットに必要な小物を日常的に置いておくことができます。
ヘアカッターやヘアクリップを置いておくととても便利でしょう。

まとめ

今回はセルフカットのノウハウを覚えるために、まずはセルフカットに必要なグッズを5つ紹介しました。
この5つを揃えてさえおけば、セルフカットの環境は整ったようなものです。ヘアカットというものをあまり特別視せず、まずは気軽な気持ちで気になる部分をカットしてみてはいかがでしょうか。