抜け毛・薄毛の対策

脂漏性皮膚炎から抜け毛が進行!脂漏性脱毛症の治療法と自宅でできる対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
名称未設定-1
頭皮や顔に発症する皮膚病である脂漏性皮膚炎。脂漏性湿疹とも呼ばれている、皮脂の分泌が多いエリアに発症しやすい皮膚疾患の1つです。

この脂漏性皮膚炎にかかりその状態を放置してしまうことで、脱毛につながってしまう可能性があるということはご存じですか?皮脂の分泌過多により炎症が進み、頭皮環境が悪化、それにより髪の毛が細くなり、毛根へのダメージで髪の毛が抜け落ちてしまうのです。脱毛を防ぐためには、脂漏性皮膚炎になってしまったら早めの処置が大切です。

今回は、脂漏性皮膚炎と、そこから引き起こされる脂漏性脱毛症について詳しくご説明します。

脂漏性皮膚炎から抜け毛が進行?

頭皮の脂漏性皮膚炎が進行してしまうと、頭皮環境が悪化し抜け毛が増え、頭皮がどんどん薄くなってしまう恐れがあります。

頭皮が皮脂でべたつくなどの脂漏性皮膚炎の症状が確認されたら、早急に皮膚科を受診することをおすすめします。

脂漏性皮膚炎とは

そもそも脂漏性皮膚炎とは、カビの一種であるマラセチア菌が、過剰分泌された皮脂を栄養分として増殖し、皮膚に炎症を引き起こす症状です。頭皮や顔に起こりやすいとされていますが、脇の下など頭部以外の箇所にも発生することがあります。

頭皮に発生した場合は、フケができたり匂いが出たりといった初期症状の後、かゆみや炎症などの症状に移行します。

脂漏性皮膚炎の発症には、毛穴につまった皮脂と、それを好むマラセチア菌の異常繁殖が影響しているとされています。マラセチア菌は常在菌のため誰の皮膚にも存在しますが、栄養バランスや生活リズムの乱れなどにより男性ホルモンが増えることで、皮脂が過剰分泌されてしまいます。それによりマラセチア菌が異常繁殖し、頭皮環境が悪化するのです。

症状が重くなると脂漏性脱毛症に発展する

上述の通り、脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌がもとで引き起こされます。原因菌であるマラセチア菌は皮脂の分泌が多い頭皮を好むことから、頭皮で発生することが多い菌です。

脂漏性皮膚炎が発症した初期段階で、すでに皮脂は過剰分泌されている可能性があるため、疾患を放置し症状が悪化してしまうと、脂漏性脱毛症が発症するリスクが高まってしまいます。

脂漏性脱毛症の原因と治療法は?

皮脂の過剰分泌の影響により髪の毛が抜ける症状を、脂漏性脱毛症と呼びます。そこまで症状が進行してしまうと、頭皮にべたつきを感じることも多くなり、皮脂が毛穴につまっている状態が見た目にも分かるようになります。また、毛穴の奥まで炎症を引き起こすため、頭皮が赤くなることも特徴です。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症の主な原因は、前項で述べた通り、脂漏性皮膚炎の悪化です。炎症が毛穴にまで及ぶことで、抜け毛につながってしまいます。

また、脂漏性皮膚炎が発症する過程で皮脂が過剰分泌されることにより、その皮脂が毛穴に詰まり脱毛が起こることも。炎症が見られない、フケが大量に出る、脱毛が増えた、この3つが当てはまる場合は後者の可能性が高いと言えます。

脂漏性脱毛症の治療方法

内服薬 脂漏性脱毛症は単なる脱毛症ではなく、菌の繁殖により頭皮に炎症が起きてしまう皮膚疾患です。そのため、まずは皮膚科を受診して原因を正確に突き止める必要があります。

脂漏性脱毛症の治療には、一般的にマラセチア菌の殺菌効果がある外用抗真菌薬が処方されます。その他、炎症を抑える抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの内服薬、皮脂分泌を抑制するビタミン剤などが処方される場合もあります。

脂漏性皮膚炎と脂漏性脱毛症の自宅ケア

脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症を発症した場合、まずは皮膚科を受診することが大切ですが、自宅でできるケアもあります。

生活習慣を見直す

頭皮の皮脂の過剰分泌は、ストレス過多や食生活の乱れなどが影響している場合が多くあります。

特に改善が必要となるのは「食生活」です。コーヒーや香辛料など肌への刺激が強いとされている食物の過剰摂取は、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症の症状を悪化させる可能性が高いため、なるべく控えることをおすすめします。

また、炎症抑制に有効なビタミンや食物繊維などを多く含む緑黄色野菜や海藻類、果物などを積極的に取り入れるようにしましょう。

シャンプーを変える

シャンプーをしている女性の頭と手 マラセチア菌が確認されたらそれまで使っていたシャンプーを見直し、菌の繁殖を抑えるために、抗真菌剤配合のシャンプーを利用してみてはいかがでしょうか。医薬部外品のため、副作用のリスクも高くありません。

その他、肌にやさしいアミノ酸シャンプーもおすすめです。スカルプ系のシャンプーには、アミノ酸と抗真菌剤の両方の成分が入っているため、症状が進行している方はこちらの使用が良いでしょう。

おわりに

マラセチア菌の繁殖で発症する脂漏性皮膚炎は、男女問わず注意したい頭皮の炎症です。

症状が進行すれば脱毛症を引き起こしてしまう可能性もあるため、頭皮にべたつきを感じている方は原因を特定するために、まずは皮膚科を受診してください。それと同時にセルフケアもしっかり行い、症状の進行を抑えるようにしましょう。