育毛

髪を早く伸ばしたい!伸びかけの髪を元気に成長させる正しいヘアケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
00055-1
髪を切ったら短くなりすぎた!髪を伸ばしたいけど傷んだ毛先は切りたい…。そんな経験はないでしょうか。

髪の毛は急に伸びるものではなく、その成長速度は人によってまちまちです。しかしヘアケアによって育毛環境を整えたり、髪に良いとされる成分や習慣を取り入れたりすることで髪の生き生きとした成長を促すことができます。

今回は、髪を少しでも早く元気に成長させるためのヘアケア方法をご紹介します。

髪はどのくらいの早さで伸びるの?

髪とメジャーとはさみ 髪の毛には成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、ヘアサイクルと呼ばれています。 このヘアサイクルは髪の誕生から成長期、退行期、休止期までの約7年を1つの周期とします。

おおよそ髪の毛が伸びる平均的な長さは1日0.3~0.4mm程と言われ、1カ月に換算すると1~1.2cm程です。
髪が伸びる早さには個人差があり、遅い人もいれば早い人もいます。これは、体質の問題の他、睡眠時間や食生活などの生活環境や年齢などが影響しています。

また、髪の成長速度は季節も関係しており、体の代謝が上がる夏場が一番伸びやすいと言われています。

髪を伸ばすためのヘアケア方法

シャンプーをする女性 元気な髪を早く伸ばすためには、頭皮の乾燥や髪の傷みを防ぎ、育毛環境を整える必要があります。健康的に髪を伸ばすためにも、ヘアケアは頭皮の保湿を意識して行うと良いでしょう。

髪を洗う際は、まずシャンプーの前によくブラッシングし、その後にシャワーのお湯で髪の毛や頭皮をよく流しましょう。このブラッシングとシャワーを十分に行うことで、8割程度の汚れが流れると言われています。またシャワーのお湯は38度前後のぬるま湯で行うようにしてください。お湯の温度が高すぎると、頭皮に必要な皮脂まで流してしまい、頭皮の乾燥を促す恐れがあります。

また、シャンプーを行う際は爪を立てずに指の腹で揉みこむように洗っていきます。このとき頭皮を丁寧にマッサージすることで、頭皮の血行を促し、髪を作るための栄養素を頭皮に行き渡らせます。

シャンプーのあとは、タオルドライ後にドライヤーで乾かします。このとき、ドライヤーの冷風機能を上手に使いましょう。髪や頭皮は熱しすぎると乾燥や傷みを引き起こすため、ドライヤーは髪から十分に離し、温風と冷風と交互に当てることでダメージを防ぎます。

髪を伸ばすためのさまざまな方法

睡眠時間を十分に確保する

髪の毛は寝ている間に成長します。そのため、睡眠時間をしっかり取ることはとても大切です。午後10時から午前2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれています。この時間に睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌され、髪の成長を促すのです。
また、毎日同じ時間帯に睡眠を取り成長ホルモンの分泌サイクルを狂わせないことも大切です。

傷んでいる髪の毛は切る

髪を伸ばす前に、傷んでいる髪の毛を切ることをおすすめします。傷んだ毛先をそのまま放置しておくと、まだ元気な部分の髪にまでダメージが広がってしまう可能性があります。

水分を摂取する

髪を伸ばすためには、水分補給も大切です。髪は外側から水分を補給することはできません。水分不足になると髪は乾燥し、健康的な髪が伸びにくくなります。そのため、毎日1.5~2リットル程の水分を取りましょう。このとき、髪の成長に必要なミネラルを含んだミネラルウォーターを選ぶのがポイントです。

喫煙をしない

喫煙は、頭皮の毛細血管を収縮させ、髪の成長に必要な栄養素の補給を妨げてしまう恐れがあります。髪を早く成長させたい場合には、喫煙はあまりおすすめできません。

おわりに

髪を健康的に伸ばすためには、頭皮の乾燥や髪のダメージを防ぐことが大切です。またそのほかにも、十分な水分補給や睡眠なども髪を早く成長させるために必要と言われています。

髪を切りすぎてしまったら、まず髪のケアから見直し、睡眠時間や水分補給などを心掛けてみてはいかがでしょうか。